2014年9月20日
 ■  貧乏だから大学に行けない

というケースがある。

少なくとも日本において私が思うのはらそういったケースは往々にして原因は貧乏ではなくて、親もしくは扶養家族が大学生活に無理解、当人がそもそも頭が悪いにあるのではないか。

私立校は金持ちの道楽でしかない、というのが大前提になるのだが、国立大学を考えれば大学への上納金はセンター20、二次試験20、受験の遠征50、入学の歳の片道切符30、入学金と授業料は0が最低限の出費で。100%はありえないが、受験する大学も99%合格する自信のあるレベルを選べばいいだけ(私も本当は文学部に行きたかったけど、国語と英語が全くの不得手だったから経済系を選んだ)。教科書はよほど関心のあるものだけ指定教科書を買って、残りは基本書を大学近くのブックオフや古書店で買えば、4年で100もかからない。卒論がある場合、分野によってはもっとかかるだろうが。生活費も学生寮か貧乏学生御用達のぼろアパートなら、月50アルバイトすれば賄える。賃金が750/hとすると、67h/M、週二回8時間働けばよい。ゴルフとかのハイソ系ややたら遠征のある強豪校の場合、部活動は諦めなければいけないけど、そこを割りきれれば若干の不自由程度で学生生活を謳歌できる。

と嫌悪感を抱いてしまいます。国公立大学すら合格する自信のない貧民は大学行かず、フリーターしてろよ(お金持ちの皆さんは自由に生きてください)

投稿者 shamuru : 09:04 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2008年3月25日
 ■  学位記授与式

昨日、無事大学院の修了式をすませました。18年の長きに渡る学生生活ともお別れです。GraSPPの思い出は、ミクロ→旅行→CBA→就活→片思い→失恋→旅行とゆうかんじで、なんかものすごく学生らしい生活を送っていたように、表面上見えます。学生生活としてみれば、M2の時がたぶん一番楽しかったってのは確かで、最後の最後にこんだけ楽しい学生生活を過ごせたのは幸せだったと思います。これで来週から奴隷のような生活に落ちてもきっと頑張ってこうとか思えたりするんじゃないでしょうか。

あと、昨日今日ともり川でご飯を食べると、卒業生とその家族にジュース一杯サービスらしいです。自分は生ビールを貰いました。うれしい。

修了式の合間に断髪を済ませ、現在わたくしは坊主であります(あまり短すぎるのもアレなんで6mm)。修了式にはなんかしようとか思ってたのですが、帰国後病に倒れたりして、色々忙しかったので大した準備ができずこの程度のことしかできませんでした。それでも院で知り合った友人は自分の坊主姿は知らないはずなので、最後にお披露目できたのは良かったかなと思います。さよなら、pretty yellow。

投稿者 shamuru : 05:43 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2008年1月 7日
 ■  卒業への道
日程科目評価形式負担度
1/08計量経済学 中間考査 ???
1/29産業技術論 レポート 3000字だから、2、3日?
2/08リスマネレポート 6000字だから、4、5日?
2/08計量経済学 期末考査 まるまる一週間は必要?
2/18規制政策期末考査 2日くらい?

仮眠は済んだ。これから試験開始の十時まで、ひたすら詰め込む。あまりに対策不足なので、それしかできない。去年の問題見る限り、今の自分でも持ち込み可なら半分はできそうなかんじだが、はたしてどうか。最尤法系統は一切出てほしくない。捨ててるから。

投稿者 shamuru : 23:42 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2007年10月24日
 ■  TOEIC Score Report

内定式に受験したTOEICの結果が帰ってきました。

Listening 285/495
Reading 365/495
Total Score 650/990

予想以上に良くて感動している。てゆうか勘が冴えすぎたとでもいうべきか。たぶん、このスコアなら内定者でも平均的な感じかな。いきなり劣等生クラスにぶち込まれたりはしなさそうです。

投稿者 shamuru : 06:19 | コメント (2) | トラックバック | タグ: No tag
2007年10月17日
 ■  大学院生生活実態調査

 弱者の戯れは全身全霊で、大学院生のためのフリーペーパー「アカリク」を応援しています!

 そんなアカリクが先日第三号を発行しました(ちなみにバックナンバー含め、上記サイトからDL可)。さて、注目の「院生百分率」の今号のテーマはズバリ、オシャレwww(前号は恋愛でした。。。)
 アンケートによれば、院生が最もオシャレに気を使うのは冬らしいのです。確かに夏ならTシャツジーパンでなんとかなるけど、冬はいろいろと大変そうだしね。
 そして、一番驚愕したのは、院生の美容院利用率!なんと80%とのこと。回答者の四割が女性であるから、男性の利用率は2/5くらいか。常にQBの身としては恐ろしい結果です。学部生ならともかく、院生だしね。
 そしてもっとも格差が顕著と思われる、今日のオシャレ総額調査。院生の11%が10万円もお金を使ってるとか。自分なんて1万円越えすらねーよ。

 そんなわけで、前号の恋愛に続き、自分の社会不適合っぷりに絶望する今日この頃でありました。

投稿者 shamuru : 04:14 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2007年9月19日
 ■  学生の本分は単位を必死にかき集めることです

そんなわけでそろそろ来学期の履修計画でも立ててみようかと。

その前に卒業要件の確認。取らなきゃ行けないのは、、、
・経済必修四科目20単位
・事例研究8単位
・法律系基幹科目4単位
・政治系基幹科目4単位
・経済系基幹科目4単位(但しミクロ基礎、マクロ基礎、統計を除く)
・更に自由選択で6単位

ってことだよね。また前期の結果はわからんけど、うまくいって残り9単位で卒業できます。

二限三限四限五限
月曜規制政策
火曜計量経済学財政政策産業技術論計量経済学
水曜法と経済学2
木曜リスクマネジメント
金曜計量経済学
時間割はこちら。必修の計量は落とせないとして、あと経済系の基幹が足りてないので、規制か財政あたりを取っておきたい(規制が本命)。まぁあとはそこそこ大きな工場に勤める身として、産業技術論とかリスマネあたりが面白そうとか。法律がチンプンカンプンなので、包茎なんかも勉強してみて、少しでも法学に対する苦手意識を克服したい。
投稿者 shamuru : 00:24 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2007年7月 1日
 ■  授業料が免除されなかった

六年目でついに授業料を払わなくならなくなってしまった。
まぁこれは覚悟していたが。

 自分が実家の状況を提出〆切直前までしらなかったのが一番の原因。弟が去年末にまた仕事をやめていたことを、書類提出時に事務員の人に指摘され、その時知る。慌てて、実家に連絡するも、弟は再び新しい職に就いたとのことだが、ずっとまえから友人だかの家に転がり込んでいるとかで連絡が取れない。なんとか弟が働いている派遣会社に年収見込みが記載された書類を書いてもらうが、弟にはほとんど勤務実績も無く、また田舎の中小が派遣先なため、たいして仕事がある訳でもないのに、書類の額面は満額記載。これはどう考えても、書類の記入の仕方を派遣会社の人が勘違いしているとしか思えなかったが、提出期限ギリギリだったので、仕方なしにそのまま提出。ここで問題なのは、弟は実質独立して生計を立てているが、住民票上は家族と同居していることになっているので、弟の収入がそのまま家族の収入として、授業料免除の基準額に影響を及ぼしているというところと、収入見込みが明らかに水増しされているところ。
 勿論、このどちらもこちらがわの複雑(?)な家庭環境に原因があって、大学の事務方には一切非はありません。でも、このせいで25万円払わなければならなくなりました。海外旅行の軍資金がその分だけ減ってしまいました。航空運賃の高く付くヨーロッパは行けないかもしれない。東南アジア辺りで妥協するか。。。

投稿者 shamuru : 17:24 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2007年3月29日
 ■  2007年度夏学期時間割試案

<立案方針>
・単位が大幅に不足している事例研究を頂点的に履修。可能ならば、6単位取得し、卒業要件を今学期中に満たす。
・来年、メーカーに就職することを見越した授業の選択を行なう。

<時間割案>
月曜 自由日
火曜 地域政治現代中国(3) 法人課税の改革(4) 事例研究外交(5,6)
水曜 金融市場(3) 事例研究情報(5)
木曜 国際貿易政策(4)
金曜 自由日

合計14単位。普通に多いですね。はやいうちに希望の企業から内定をもらって、酷位置を受ける必要がなくなったとしても、一杯一杯なかんじか。そのときは法人~と金融市場と国際貿易政策で負担が重そうなのをひとつかふたつ切ります。酷位置に突撃する場合は、事例外交と試験一発科目以外は履修しないでしょう。というか、そもそも立案方針その二を満たす必要がないので、打算的に単位取得が容易な科目だけ受けます。

投稿者 shamuru : 19:13 | コメント (2) | トラックバック | タグ: No tag
2006年11月22日
 ■  マクロ経済学中間考査

おわりました。試験中、Keynesがケインズと別人である(自分が知らないだけで実はケイネスさんとゆう有名な学者がいる)と疑いませんでした。そしたらケインズのことでした。学部時代にも似たような経験がある事(Keynesをケインズと別人と理解して、論文だかなんだかを読んでいた)を思い出しました。当然その問題は×でした。そんな調子だから点数も微妙でした。正誤問題、用語説明は悪くて当然としても、計算問題ができなかったのが大打撃でした。ぺっきんぐおーだーはでませんでした。自己採で19/30点。年明けに採点で、期末直前に点数を教えてくれるらしい。いみふ。あの先生は下駄履かせてくれなそうだから、期末と宿題真剣に頑張ろう。

投稿者 shamuru : 18:35 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年10月19日
 ■  2006年度冬学期学習計画確定書

2006年度冬学期GraSPP時間割

<月曜日>
2 財政政策(経済系科目)
3 公共政策の経済評価(必修)
4 計量経済学(必修)
5 公共政策の経済評価実習(必修)
<火曜日>
2 現代日本外交(政治系科目)
3 
4 
5 計量経済学実習(必修)
<水曜日>
2 
3 グローバライゼーションと法(法律系科目)
4 マクロ経済学(必修)
5 マクロ経済学実習(必修)
<木曜日>
2 公共政策と経済評価(必修)
3 
4 
5 
<金曜日>
2 
3 マクロ経済学(必修)
4 計量経済学(必修)
5 

 12コマ,21単位を履修する予定。ゼミ形式の授業も取りたかったのですが,必修に集中するため,断念しました。必修以外の財政,現代日本外交,グロ法は、どれも取り立てて予習を必要としない講義中心、試験レポート評価型の科目なので,辛くなったらいつでも履修放棄する事が可能です。(グロ法以外は)どれも公務員試験に密接に関わる内容なので,まじめに勉強して単位を取得したいところではありますが。

投稿者 shamuru : 02:40 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年10月12日
 ■  奨学金速報
 奨学生証交付手続き(大学院追加採用)について

あなたは日本学生機構大学院追加採用で推薦され,日本学生支援機構第1種奨学生に採用となりましたので,下記により手続きを行ってください。なお、採用時期は今年度4月に遡り,奨学金は,初回交付日に4-10月分が支給されます。


なんで今頃?たしか春先に月額8万円無利子の奨学金を申し込んだ覚えはありますが,本人収入が少ないとか言う理由で選考に漏れたはずでは。学部の頃の貯金も費えて,つい先日親に(大学受験の余剰金)50万円仕送ってもらったばかりなのですが。しかし、まー親の金を使うよりは借金に手を染めた方が全然気が楽なので,ありがたく借金させていただきます。来年の今頃にはきっとどっかの会社の内定もらって,バイトして生活費を稼いでるだろうから,奨学金も半分も使わないだろうし。

投稿者 shamuru : 17:39 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年10月10日
 ■  そろそろ本腰

 今日は2限「現代日本外交」受講。WW2直後から朝鮮戦争までの日本外交史。話が分かりやすくて,メモが取りよい。よさげな授業だ。その後,昼飯を食べて,3,4限の時間帯に,自習室でwindows機で学外からstataを起動する実験を観賞。ファイルのDLに数十分、インストールに数十分,2時間以上かけてstataが立ち上がるのを確認。感動の瞬間だった。
 それに触発されて、帰宅後,うちのmacでも試してみました。どうにもmacでは格段に簡単にできるらしい。そしてものの5分もせぬうちに、、、


 学外でstata起動。が、なぜかマウス操作を受け付けない。何が悪いのだろう?

 あと、eccのftpサーバにアクセスして過去ファイルを探索してみた。主に1年時の情処関係。texファイルとかgifファイルとかぼこぼこ出てきた。忘れていただけで,どうやら私は1年のときにtexをやらされていたらしい。

投稿者 shamuru : 23:01 | コメント (2) | トラックバック | タグ: No tag
2006年10月 8日
 ■  課題演習

[14:41]
 生まれて初めてstatatとゆう統計ソフトを触ってみた。計量経済学の授業で毎週stataによる問題演習が出題されるため。2時間ほど粘って、ようやく2問終わった感じ。自分のコンピュータリテラシーだと学外からstataが使えないので、図書館が開いているうちに宿題を解き終わらす必要が有る。しかし、既に疲れきっている。こんなんで大丈夫だろうか。stataを使わない普通の課題も全く手つかずの状態なのだが。精神力が保てるか不安だ。
[16:38]
 結局最後の問題のstataコマンドが全然わからん。明日も図書館は9:00から開いてるそうだから、今日はもうstataあきらめて後回しにしよう。明日には検索力が回復しているかもしれない。

投稿者 shamuru : 16:38 | コメント (1) | トラックバック | タグ: No tag
2006年9月28日
 ■  腐った脳で溺れかけてる僕を救ってくれた夏学期の成績表

タイトルどおり予想外の好成績。総取得単位はなんと15!量ばかりでなく質においても予想が覆された。
# なお、下に記す評定はあくまで目安であって,必ずしも実際のものと一致しません


公法の基層と現代的課題<法律系科目2単位> 可
授業の出席は半分以下で、レジュメも半分集まらなかった状態で受験。授業関係なしで自分なりに字数だけは稼ぎ、単位は来てるんじゃないかな、、、とゆう感じだったが、何とか可がもらえました。不得意な法律系科目で単位を取れたのは大きいです。これで今学期「法と経済学」で単位が取れれば、もう法律系科目は受講する必要なし!「法と経済学」は応用科目で卒業必要要件には入らないらしいね。残念すぎる。

政策分析<政治系科目2単位> 可
あれ?結局試験受けるだけ受けて、レポート提出できなかったはずでは(しかも自分以外にも同じように単位が来たひとがいるっぽい。なんたるちあ!)。しかも試験もけして出来はよくなかった。自分が教官なら悩んで不可をつけるような答案。奇跡です。GraSPPには神様がいました。T辺先生ありがとうございます。きっとこの単位が後々卒業間際になって重要になる気が今からしています。

ミクロ経済学・実習<経済系科目必修5単位> 良
第2回中間こそ好結果だったものの、初回中間、期末と惨憺たる結果で、可を覚悟していたのですが、良をもらえました。教官も、期末実施日の二転三転を考慮してくれたのでしょうか。個人的には単位さえくれば成績なんてどうでもいいというスタンスですが、必修で良がくるのは気分が悪いことではないです。

競争政策と産業組織<経済系科目2単位> 良
これも可かと思っていたのですが、良でした。6,000円する教科書買った甲斐はあるのかな。

政策分析立案の基礎<実践科目2単位> 良
予想通り。授業が楽しかったから文句なし。すばらしい授業だった。

事例研究ミクロ入門<事例研究2単位> 良
なんかものすごく疲れた授業だったけど、反面やりがいもあったし、いい勉強になった。経済学で文章書く大変さを実感。

民事法の基層と現代的課題<法律系科目2単位> 未受験
科学技術と公共政策<政治系科目2単位> 未受験

投稿者 shamuru : 11:30 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年9月24日
 ■  2006年度冬学期授業計画素案

1週間後の始業を控え,冬学期の授業計画を考える。
といっても、今学期は必修だけで9コマ埋まってしまうので,自由度はほとんどない。
また、前学期の取得単位数如何によって変動するだろう。
1学年のうちに30単位は取っておきたいとか思っていたけど無理そうだ。

2006年度冬学期GraSPP時間割

<月曜日>
2 法と経済学(法律系科目) or 財政政策(経済系科目)
3 公共政策の経済評価(必修)
4 計量経済学(必修)
5 公共政策の経済評価実習(必修)
<火曜日>
2 規制政策(経済系科目)
3
4
5 計量経済学実習(必修)
<水曜日>
2
3
4 マクロ経済学(必修)
5 マクロ経済学実習(必修)
<木曜日>
2 公共政策と経済評価(必修)
3
4 事例研究(外交政策)
5 事例研究(外交政策)
<金曜日>
2
3 マクロ経済学(必修)
4 計量経済学(必修)
5

地獄の時間割表に見えるよ。

投稿者 shamuru : 22:12 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年7月18日
 ■  命拾い

 ミクロ経済学の試験が木曜日に延期された。空き教室が確保できなかったのが理由らしい。試験勉強がぜんぜん進んでない私としてはやや救われた感がある。金曜のミクロ事例の発表準備が先送りされるリスクを伴いますがね。
 今日は競争政策の最終講義。今までの宿題の解説と評価方法の説明で終了。1,2回宿題で30%、授業でのプレゼンス20%、最終宿題50%の比率。素点で60未満が何人か出るため、得点調整の後正式な点数が出るそう。当然私は得点調整の対象です。発表もしたし、宿題も期限に遅れたものの全部提出したから、不可はないとは思いますが、60点でC評価でしょうか。これが教養学部後期なら余裕で優だったのに。絶対評価の厳しさ恐ろしや。大学院の評価基準恐ろしや。

投稿者 shamuru : 12:34 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年6月30日
 ■  レポート提出

 「政策分析立案の基礎」第2回レポート上梓。外国人労働力受け入れに関して書きました。レポートかくにあたって、今年の経済財政諮問会議の議事要旨すべてに目を通しましたが、ものすごい量です。250P近くあります。参考資料や配布資料を加えたら、莫迦になりません。マスコミにさんざん取り上げられているだけあって、かなり充実した会議なんですね。
 あとは、ミクロ事例の中間報告取りまとめ、ミクロ経済学の宿題などが目下タスクとして残っていますが、今日はもう勉強はいいや。

投稿者 shamuru : 15:30 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年6月26日
 ■  NTT施設探訪

 今日はミクロ事例の関係で、代々木のNTTビルに行きました。代々木駅東口の目の前にあるのにもかかわらず、普通に逆方向に歩いたりして、EZナビウォーク使ってなんとか辿り着けた次第。ラフな格好でって書いてあったのに、ほとんどみんなスーツでなんか自分ひとり浮いてるし。まー、とにかく今回は技術系設備見学中心。交換機とか、電波増幅器とかそんなのを見させてもらいました。機械に疎いので説明聞いてもそんなよくは理解できません。とりあえず、ファン音がうざい。あんなとこでずっと作業してたら耳おかしくなるよ。26F(屋上)に出て、外に突き出したアンテナを見させてもらいました。普通に飛び降りて死ねます。怖かったです。ディスカッションタイムは、会議室の関係で1時間弱で打ち切り。なんか駆け足で終わってしまった。てゆうか頭があんま働いてなかったから、ディスカッションの内容をすでに忘れかけている。中間報告が悲惨だ。うーん、中間報告は何とかごまかせたとして、どうやって最終報告として纏めよう。班員みんなで悩んでます。

 と、そういえば代々木といえば代々木アニメーション学院。知名度で言えば、そこらの有名私立をきっと凌駕する専門学校。代アニの前で、声優科のおにゃのこを待ち伏せて、ちょっかいだしたり、いたずらしたりできないかなぁ。

 帰り、御茶ノ水に路駐してたので、帰りに秋葉原まで行こうかと思ったが、財布に\4,000しか入ってなかったので断念。家賃払うためにも貯金をそろそろ下ろそう。

投稿者 shamuru : 18:50 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年6月21日
 ■  公共政策セミナー

 福井日銀総裁の講演会に参加してきました。
 別に日本の金融政策に関心がある訳でもなく、単なるミーハーだったのですが、福井総裁のお話がかなり初学者向けでわかりやすいものだったため、楽しめました。そんなわけで、某村上問題にはいっさい触れられるような雰囲気ではありませんでした。こんだけの大物の話を聞く機会なんて、もう二度とないだろうなぁ。それだけでもGraSPPに入学した価値はあるってものか。

投稿者 shamuru : 20:00 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年6月19日
 ■  ミクロ事例始動!


 ええと、他の班はぼこぼこ毎週のようにヒアリングでうらやましい限りでしたが、我が通信班もついに本郷キャンパスを飛び出て、飯田橋のKDDI本社にヒアリング&会社見学に行ってきました。
 最初普通に私服で行く気満々で、皆からそんな非常識ぶりを諌められ、三限終了後午後三時に本郷キャンパスから自宅へ向かい、スーツに着替えて、本郷キャンパスに戻り、荷物を持って、飯田橋のKDDI本社へ。集合時間ギリギリの三時五十分に到着。上着も着ず、ネクタイもつけず、本当にクールビズでよかった。時代に救われました。クールビズは非常識人も応援してくれているようです。
 内容としては、最初の三十分くらいで展示ルームの説明があって、その後一時間ほどのヒアリングと言った感じ。テーマ設定上、価格に対する細かい質問が多かったのですが、意外に答えてくれました。大きな収穫です。来週はdocomoの施設見学。楽しみです。

投稿者 shamuru : 20:57 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年6月 8日
 ■  Microeconomics 2nd Mid. Exam.

 返却されました。得点率は92%。どうやら転コース、再面接は逃れられそうだ。74点も上がったのはそうそういないんじゃないだろうか。そろそろミクロ事例に本格的に取り組まなければならないので、ミクロの方の負担が減る事はよい事です。この調子で、なんとか可できれば良をとれるようがんばろう。

投稿者 shamuru : 20:51 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年6月 5日
 ■  履修放棄

 そーいえば、明日は競争政策の宿題提出だったんだ。すっかり忘れていました。これから、おもちかえりー☆で片付けます。計量知らないけど、弾力性の意味くらいはわかるしね。「The Role of Network Effects in the US
VCR Market, 1978–1986」「Indirect Network Effects and the Product Cycle:Video Games in the U.S., 1994-2002」ネットに落ちてたこの二つの論文のごく一部を簡単に説明すればいいのだろう。論文がネットに落ちてるのは、経済学の強みだなぁ。
 で、ゲームばかりやってたら、また科学技術と公共政策のメモ作るの忘れた。もういーや。単位はあきらめよう。聴講授業にしよう。これで、うまくいっても17単位。しかし、ほとんど授業に出てない公法とか、半分くらいしか出てない政策分析とか民法とか、不安要素ありまくりですね。

投稿者 shamuru : 20:37 | コメント (2) | トラックバック | タグ: No tag
2006年5月31日
 ■  よろこばしきこと*2

第二回ミクロ経済中間試験終了。
おおきく山が外れましたが、過去問、宿題、Joe noteからの出題がほとんどで、おそらく70点は超えたかと。まー、これで単位は安泰かな。

そして、入学料免除申請の結果が届きました。☆半額免除☆です。¥282,000のところ、今回は特別価格の¥141,000でのご提供。入学料が半免ということで、俄然授業料全免の可能性が高まりましたよ。うきゃきゃきゃ。

投稿者 shamuru : 17:39 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年5月19日
 ■  また時間ぎりぎりに適当なの出しちゃった

いつも、私のレポートはこんなかんじになりますね。そー考えると、卒論は書き終えた(切り上げた?)のが提出締め切りの十時間前ってのは、かなり誉められた行為だったのだろう。QSうっぱらって、現在自分の持ってるパソにはwordがインストールされてないため、pdfで提出しちゃったよ。ヒキコモリにはわざわざ学校のMacでレポート書く気にはなれなかったね。まー、次回のレポート課題は経済財政諮問会議だから、今回の国と地方の予算編成比較よりは、やりやすいとおもうけど。

投稿者 shamuru : 17:18 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年5月15日
 ■  ミクロ中間の結果

返ってきたー。18点で、予想より若干低いけど、これで自分が勉強ができる人間という誤解が解けて何より。まー、次回の中間はさすがに五割は超えんと、単位危ないだろうし、せめてhomeworkの復習くらいはしたいなぁ。

あー、今週は激務週間だ。木曜にADSL工事があって、金曜に政策立案基礎のレポート提出、土曜にミクロ事例の個人レポ(携帯電話市場の現状紹介)、日曜にはミクロの宿題。一生懸命になろう。優雅に読書してるひまはないね。

投稿者 shamuru : 16:29 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年4月12日
 ■  一週目終わた

新たに、公共政策ワークショップを受講することを決めました。冬学期の財政政策は教育者としての井堀先生の評判が、あまりよろしくないようなので、うまいこと今学期履修したすべての科目の単位を取得できたら、冬は必修15単位のみにがんばろうと思います。それでは、一回受講しての感想を、単位取得の厳しい順に紹介。

「事例研究ミクロ&マクロ」 一番きつそう。とりあえず、社会科学的な事象に対する関心を持たなきゃ始まらないよね。いまさらだが、新聞とかちゃんと読もう。ってこんなレベルではcatch up難しそうだ。来年、事例研究をひとつで済ませるためにも今学期がんばって両方取りたい。

「競争政策と産業組織論」 これもきつそう。洋書が厚い。しかも一週で一章分進むらしいし。企業行動の基礎理論を学びたかったのだが、、、

「科学技術と公共政策」 扱う問題が非常に多岐で、しかも複雑だから、まともに自分で論を立てられるのだろうか?まぁ、でも現在の公務員には絶対に避けられない問題なので、今からがんばろう。

「ミクロ経済学とその実習」 必修なので、逃げられない。教授の英語は比較的聞き取りやすい。今までうけたいくつかの外国語のよる授業の中で、一番聞き取れた。でも、逆に微妙に聞き取れるっていうのが難点で、100分近い間、ヒアリングに集中するのは相当疲れる。経済学そのものに関しては、どうでしょう。ちゃんと事前に予習しとけばなんとかなるかな?

「政策分析」 レポートが大変そう。教官の話は聞いてる分には面白いっぽい。

「公法&民事法の基層と現代的論点」 やっべ、眠っちゃいそう。やっぱ法律は苦手。

「政策分析と立案の基礎」 事前に読むべき資料はそこそこあるけど、毎回やるのは一分間コメントくらいで、あとはレポートを二つ書いて、それぞれ数分でプレゼンをすればいいだけ。気楽に行きたい。息抜き授業になれば、よいのだが。

「公共政策ワークショップ」 通年二単位。単位のためでなく、いろんな立場の人の話を聞くのもよさそうだ。とゆうか、こういう機会でもないと、私は人の話を聞こうとしません。ヒキコモリなので。そんな理由もあって去年は結局企業説明会とかはひとつも参加しなかったし。

投稿者 shamuru : 18:43 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年4月 9日
 ■  赤門総合研究棟がすごい

二日続けて自習室のお世話になってます。GraSPP経済コースに入学すると、赤門棟のフリーパスカードが支給され、おそらく24時間いついかなるときでも赤門棟に侵入して、勉強するなりうだうだするなりできるみたいです。そうゆうわけで、私もこれから自習室のお世話になろうと考えています。赤門棟の自習室(公共経済院生向け)のすごいところ。1、平日休日問わず、24時間使える。2、冷暖房完備。3、有線LANでネットつなぎ放題。4、椅子がかなり快適。机もきれい。5、新入生は同室にロッカー完備。6、公務員試験、授業関連の書籍(公共物、持ち出し不可)ありで、予備校いらず。7、利用者がかなり少ないので(特に土日)、精神的に疲労することもない。火曜水曜は授業詰めですが、それ以外の日はなるべく自習室を根城にしましょう。

投稿者 shamuru : 16:46 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年4月 7日
 ■  夏学期時間割表(仮)

月曜 政策分析(2) ミクロ経済学(3) 事例研究:ミクロ経済政策分析入門(6)
火曜 競争政策と産業組織(2) 科学技術と公共政策(3) 政策立案分析の基礎(4)
水曜 民事法の基層と現代的課題(2) 公法の基層と現代的課題(3) ミクロ経済学(4)
木曜 ミクロ経済学実習(5)
金曜 事例研究:マクロ経済政策分析入門(6)
()内の数字は時限。太字は経済系科目。授業の詳細はGrasPPへ。

とゆうことで、11コマ、21単位履修予定。まぁ実際受験するのはもうちょっと減ると思うけど。来学期は必修15単位+財政政策2単位は絶対受講したいので、年間単位認定制限(38単位)にひっかからないためにも、こうなりました。今学期は政経法バランスよく履修するかわり、来学期は経済のみ履修みたいな感じになりそう。

投稿者 shamuru : 16:30 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年4月 5日
 ■  駄洒落は言葉の不倫

駄洒落とは、そこにいてはならない言葉と言葉がベッドの上で互いにまぐわう行為を指す。

ちぃ、覚えた。

人生に絶望する糞味噌新大学院生にとっては最良の言葉だ。この表現を借りれば、親父ギャグも、ダンディズム溢れる不倫とゆことだ。アエラなんて不倫推奨雑誌ってことか。僕もこれからは精神的童貞を脱するためにも言語的不倫を実践し続けよう。

投稿者 shamuru : 12:11 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  大学院入学式

今日はこれから大学院の入学式です。昨日は今日のために、二週間ぶりに湯を浴びてきました。本駒込にある日の出湯とゆ銭湯です。入浴料金は400円と、安いものではありませんが、二ヶ月ぶりの風呂、二週間ぶりの湯浴みとゆのは非常に心地よいもので、湯船につかっている間は、なんかずっと口が半開きだった気がします。そゆわけで、昨日までの歩く汚物とは違う私がここにいます。まぁ、今日学生証が交付されれば、御殿下の利用パスを購入して、御殿下のシャワーを利用することになるので、銭湯はこれからはそうしょっちゅういくつもりはないですが、ひと月に一回くらいは入りたいなぁ。午後五時くらいなら客も数人しかいないし。

投稿者 shamuru : 10:13 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年3月 8日
 ■  自動車免許卒業検定

ノーミスで合格しました。AT限定ですが、無事に一度もミスする事なく免許が取得できそうです。学科試験は、3/16の誕生日以降に受けたいと思います。学科で落ちる事はまずないと思うので、安心です。よかったよかった。これで履歴書の資格の欄が空白でなくなりますよ。

投稿者 shamuru : 17:42 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年3月 4日
 ■  大学院

GraSPPから入学許可通知書が届いた。手続きミスさえなければ四月から大学院生となるわけです。合掌。

投稿者 shamuru : 16:42 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年3月 2日
 ■  応急救護実習

女の子が人形に対して必死で人工呼吸している、その唇をじっと見つめる。
それだけで劣情が催される。
僕も空気嫁に向かって何度も口づけて、生気を吹き込む。
もうこれはある種のオーラルセックスだね。エイズ(結核)感染防止のためのマウスコンドームも装着した訳だし。

投稿者 shamuru : 18:04 | コメント (0) | トラックバック | タグ: 妄想で女の子とxxx
2006年2月28日
 ■  路上教習初日

無事に仮免を取得し、今日から路上教習が始まりました。初日からいきなり三時間の路上運転。うち一時間は夜間運転!教習所(多摩霊園北側)から、農工大や三鷹市役所方面を走行したのですが、途中で自分がどちらに向かっているのかわからなくなるくらい、目の前の道を通行する事に集中していました。明日(今日?)もまた路上教習が三時間もあります。明日もがんばろうっと。

投稿者 shamuru : 01:02 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年2月24日
 ■  仮免試験終了

 正式な合格発表は月曜ですが、おそらく合格したものと思われます。仮免合格(予定)祝にカッパ寿司でご飯を食べてきました。宇都宮に帰省したときに頂戴してきた200円値引き券を使って、11皿945円!やっほう!
 そして、仮免試験の方ですが、学科の方は何の問題もなく終わりました。前日の効果測定で46/50だったのですが、試験前迄にもう一度読み返したのが幸いした感じです。49/50は固い気がします(結果待ち)。
 実技も滞りなく終了。前日の見極めで「問題なし」と言われた通りの走行を心がけ、減点なしでクリアでした。ただ、カーブ手前で減速し過ぎと注意されました。うーん、前の実技の時間に「カーブでスピードが残りすぎてる時があるから、もっと減速すべき。停止さえしなければ、減速しすぎで減点される事はないから」といわれたのを忠実に守っただけなのですが。当然、カーブ出口ではアクセルを踏んだのですよ?まぁ減点されてる訳ではなかったので問題はないのですが。
 あと、実技試験では何人かが組になって、他の実技受験者誰かひとりの試験の際、後部座席に同乗しなければいけない。私は受験番が頭だったので、後部座席同乗の際は、かなり楽な気持ちで座席で運転する受験者を見守っていました。その人は身長が150前半くらいで、髪がストレートでギリ肩にかかる位の長さ(ショート?)の私好みのかわいい後ろ姿をした女の子で、試験中は後部座席の人の事なんか一切目が入っていないのをいいことに、やたら視姦しまくってました。ルームミラーやドアミラーさえみなければ絶対に視線が合う事なんてありませんから。髪の間から覗くきれいなうなじや、ハンドル操作する白く可憐な腕、そして右後方確認の際に私の視界に飛び込む柔い唇。すべてがたまらない。よくじょうした!でもその娘実技でおっこっちゃった。確かに運転はぎこちなかったけど、私の無言の圧力にペースを乱されたのかしら?もしそうだとしたらごめんなさい。

投稿者 shamuru : 16:10 | コメント (0) | トラックバック | タグ: 現実の女の子とxxx
2006年2月17日
 ■  初技能教習

初めての自動車運転にして、二時限連続で非常に疲れた。
いってみれば東大入試のリスニングをやったあとの疲労感。あまりに精神集中していたためか、一時間の教習がものの十分くらいに感じられた。こんなのをあと二十九時間もやらないと卒業できないと思うと、ゲフンゲフン。

投稿者 shamuru : 20:52 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  卒論さらしage

もしかしたら、私の学部卒業論文に興味がある人がいるかもしれませんので、「日本語要約」をここにさらしてみたいと思います。参考資料とかに興味のある人は連絡していただければ、メールでお答えします。口述試験では、「君の感性がいいのか、君が参考した学者の文献がすばらしいのかはわからないが、内容自体は非常に興味深い」と言われましたが、事実はもちろん後者です。

ここをクリック!

投稿者 shamuru : 00:47 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年2月15日
 ■  卒論口頭試問終了!

これにて学部の全課程を修了いたしました。
あしたから私はフリーマンになる。てぅか今日のバイトがちぉうざい。トイレの特別清掃らしい。
もう寝たいわ。そのうち三鷹寮近くのかっぱ寿司に、ひとりで打ち上げに行こう。実家からかっぱらってきた200円クーポン券を片手に握り締めて。

投稿者 shamuru : 18:23 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年2月 7日
 ■  国際経済

今日半日で期末レポートを書き上げ、まだ卒論の口述試験が残っていますが、まぁこれで学部授業ともお別れです。非常につまらない四年間でした。小学生位から思ってた通り、やはり私に勉学は似合いません。四月からはまた苦痛の学生生活が始まりますが、とりあえず今月いっぱいはあまり勉強の事を考えずいきていこうとおもいます。たとえば、女の子を心の中でストーキングするとか。昨日図書館で身長が140センチ前後のかわいい女の子を発見しました。あまりにもかわいかったので10メートルくらいストーキングしてみました。そんなかんじです。

投稿者 shamuru : 16:18 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag