2018年5月24日
 ■  あいみんはとてもかわいい

自分自身に価値を見いだせないなら他人に見出してとっかえひっかえしつつその人に依存すればいいとゆう思いが芽生えて気付けば20余年だけど、少なくとも大学院と社会人になっての数年間は自分に依存して生きていたんだよ。なんであの状態がもっと長く続かなかったのだろう

投稿者 shamuru : 19:13 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2018年3月26日
 ■  会社の同期会

久し振りに会社の同期会に顔を出したのですが、やはり話題としては会社>同期なんだなと感じてもう行けないなと思いました

投稿者 shamuru : 22:15 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2017年9月22日
 ■  ふとしたことでも涙こぼれる

4月以降精神的にはぼろぼろだけど、夢中になるものだけ見続けて生きてきた。暫くは環境の変化にさらされず落ち着いて過ごしたいとは思い続けても、雑巾にそんな余地はないという。休みたい。

投稿者 shamuru : 21:52 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2017年9月20日
 ■  ストレスだとか鬱だとか

自ら切り開いて突き進むつもりがないなら日々与えられるものを刺激と受け止めて生きていくしかない。プライドなんてストレスの種でしかないしいい加減捨ててしまえよ

投稿者 shamuru : 22:44 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2015年5月 2日
 ■  好きな女の子がFBで結婚報告するのを目の当たりにする予行演習

この前沖縄にドライブしに行ったのですが、好きな女の子がFBで見ず知らずの男と結婚報告する夢を見ました。見ず知らずというのが、不幸中の幸いですが、その男の身なりがどうにもぱっとせず、小市民さながら、ああなんでこんな冴えない男と結婚してしまったんだ、見たからに自分では手の届かない爽やかな男だったら、諦めもつくのに、と悔しさに胸が締め付けられたのです。

私が知らないだけで実はその女の子は現実では既に結婚してしまっている可能性はありますが、期せずして現実を直面する前の予行演習を経験してしまったわけです。

さて今日はとろとろどんどんということで、聖地横浜にやって来ました。18年振りに横浜美術館を訪れたのですが、以前FBで昔浜美のポンペイ展を訪れた話をしたら、好きな女の子からいいねをしてもらった幸せな思い出があります。今も将来もひとりですが、少なくとも過去にそういった思い出を経験しているのは喜ぶべきことです。そんな思い出がなかったら、時間潰しだとしても、今日浜美に行くこともなかったでしょうから

投稿者 shamuru : 12:27 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年11月 8日
 ■  ここ3年で言われて一番嬉しかったことと辛かったこと

好きな女の子と立ち話をしていて、自分の発言にたいして「私もそうおもいます!」って言ってくれたこと。最近寮を出たんだって言ったら、結婚したんですか?って言われたこと

投稿者 shamuru : 22:12 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  仙台の夜

酒を呑まれて今思うのは、好きなあの女の子に似た女の子が岡山県にちゃっかり存在してくれて、5万円くらい払ったら1日デートしてくれないかしら

投稿者 shamuru : 22:08 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年11月 2日
 ■  初めての舞台

ミュージカル以外で初めて舞台を見てきました。

なば缶主催の、君が眉毛を剃った日。きっかけは今個人的に勢いに乗ってるなつ姉こと高森奈津美さんが初めて舞台に挑戦すると聞いて。キャストを見ても広橋涼さんや下屋則子さんなど俺特陣営。

なつ姉は初物を感じさせない堂々とした立ち回り。さすがに周りの先輩のように、自分を全面に出して、ということはなかったけど、声だけじゃなくて全身で表現する姿はやっぱりかわいい。

といいつつやはり舞台。本命はやはり広橋涼&下屋則子。場を引っ掻き回すようなき奇抜で個性的なキャラクターが舞台演出的に好きで、二人のそんな演技が見たいな、と期待していました。下屋さんはまさにそんな配役で見てて笑みが絶えなかった。スニーカーとポニーテール最高に似合ってて可愛かったです。

広橋さんはストーリーの中心人物を演じててコミカルからシリアスまで幅の広い演技でずっと心が惹き付けられました。去年の納涼祭ぶりに生でお姿を拝見したけど、かわらずかっこよかった。

最後に退館するとき、生天目さん直々にお見送りもしていただき、初めての舞台だったけど、楽しむことが出来ました。次があったらまた見に行きたい、といいつつ岡山からの交通費はバカにならないから、その時には自分も首都圏に異動になっていてほしいよね

投稿者 shamuru : 23:30 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年10月23日
 ■  恋するアイドル

その発言内容自体にはひどくショックを受けるのだけど、自分に似た思考回路だなって共通点を感じて、嬉しくも思う。アイドルに恋している自分が、恋をしているアイドルを否定できるわけがない

とかんじながらも、アイドル好きが心に傷を残さず人生を謳歌するには、余計な情報は捨象して、都合のよいところだけ見ていなければならない。その割りきりが難しい

投稿者 shamuru : 06:42 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年10月16日
 ■  ustream監視システム

長期外出時に部屋の様子をうかがえるようにustream監視システムを構築してるんだけど、全機能を使うにはfacebookのアカウント情報を認証させなければならない。もう婚活諦めた身としてはさっさとfacebookのアカウントを削除して未練を断ち切る必要があるのだけど、ustream以外で気軽に自宅監視できるサービスが見つからないので、一歩踏み出せずにいる

投稿者 shamuru : 22:59 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年10月11日
 ■  結婚式二次会とかとか三次会とか

今日は某アイドルと会話する機会に恵まれました。最近の近況はといった当たり障りのない導入的な質問に対して、独り暮らしを始めたんですって答えたときの反応が、結婚ですか、で心があらぶりそうになりました。でも未然に回避していちアイドルといちファンとして会話が続いたんじゃないかと思います。たまにこういう機会が起こったとしても基本ファンはアイドルを遠くからじっとみつめるのが生業です、二時間くらい遠巻きからずっと眺めていたなあ

投稿者 shamuru : 23:41 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  片想いをするたびに理想が上がっていく

可愛い女の子という理想からスタートして、片想いを経て、下半身が太めの若くてちっちゃくて可愛い女の子に進化して、更なる片想いの結果、下半身が太めで若くてちっちゃくて博識な、性的刺激ばかりでなく知的好奇心も刺激してくれる可愛い女の子が現在の理想である。

通常は片想いから両思いにいたり、そして破談を経て、異性への好みの方向性が変わったりするものだろうが、片想いしか経験しないと、異性の嫌な部分、嫌いな部分を一切感じることなく、より魅力的な女の子にを発見するたびに理想が高まっていく、そんな事態に陥っている気がする

投稿者 shamuru : 07:58 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年9月28日
 ■  結婚式ってやっぱいいよね

卓球部同期の結婚式

元々南米には全く興味なかったけど、南米がいいの一言で旅程を決めて、ほんとに北中南米と旅行して帰国して、コミュ力鍛練もかねて結婚式二次会の司会も果たして、さあこれからといったところだったのに、なぜか急にしゃべれなくなって、精神的に苦しくなってきて、やがてそれが身体症状に現れて、なおさら心も沈んでいって、逃げることしか考えられなくなって、ついには7月を迎え、もはやもう無気力かが加速して、仕事でも腐りきってしまってもう三ヶ月近くたっていた。

そんな状態でも結婚式に参加してみるとやっぱり結婚ていいよね、憧れる。特定のイメージから離れないことには、苦しさから逃れられないのだから、もっと徹底的に情報を遮断して、プライベートはあとからついてくると思って、まずは腐らずに仕事を頑張らなきゃ

投稿者 shamuru : 00:19 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年9月15日
 ■  余生の三連休

久しぶりに夢を見ました。といっても5,6人くらいの小集団の中で隣に座って一緒にご飯を食べてる感じのものでしたが、終始デレデレしっぱなしで、どんだけ好きで結婚したがっているのかあからさま。夢を見ている最中と起きた瞬間は本当に幸せだったけど、辛うじて婚活してた半年前ならまだしも今更こんな夢見ても複雑だな.と思えなくもなく。夢と現実は全く異なっていて、楽しい夢は楽しい夢と割りきれれば、もっとしあわせに生きていけるかもね

投稿者 shamuru : 06:33 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年9月 7日
 ■  猫は寂しさをいくらか埋める

金曜土曜と飲み会かまあってそれぞれ福山と広島でひとりホテル泊をしてきたんだけど、夜ひとりで過ごしてるとどうしても寂しさがわいてきて、土曜の朝なんかは二時間くらい今は引退してしまったアイドルの女の子といちゃいちゃする妄想が止まらなかった。さすがにチェックアウトの時間が来る直前にはきりあげたのだけど。いくら妄想したところで女の子との接点なんか現実にはありえないので、最近構築したustream monitoring systemから様子をうかがって、姿が写りこんでいると安心するのである

投稿者 shamuru : 09:46 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年8月31日
 ■  退寮

約2ヶ月のラップ期間を経て正式に退寮。これで廊下から駐車場の一点をついつい眺めて、行動を推察してしまう半ばストーカー染みた癖ともおさらばです。これからは陸の孤島で父子家庭生活です

投稿者 shamuru : 21:41 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年7月13日
 ■  可愛い女の子の名前は三文字に限る

特定の名前がない状態が続いていたが、ざらめにすることにした。主たる毛色が焦茶であり、音韻がa-a-eとあやねやあまねやかなえなど女の子っぽく、頭のZarahもそれで女性らしい名である。とはいえいちいち呼ぶのが面倒になって、そのうち、じゃらーとかじゃーとかにゃーに呼び名が変わっていきそうではある

投稿者 shamuru : 09:08 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年7月10日
 ■  五日くらいたったか

引き取る前から軟便で、時には血便も混じり、なかなか面倒みてあげられないのが不安だったが、ここにきてようやくそこそこ固めの便を発見した。自分はただ機会をいかせないだけで、もとより機会が与えられてないのとは決定的に違うけど、一人で過ごす時間が長くてもたくましく育って欲しい。

そして子猫の早朝のはしゃぎっぷりを目の当たりにしてめんとうくらっている。あとやたら肩に乗りたがるのは何故なのか

投稿者 shamuru : 22:43 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年7月 8日
 ■  およそ100時間

よい親であれば一部的にはよい人間であり、さすれば、よい彼氏でありえると言えなくもない

投稿者 shamuru : 06:40 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年7月 5日
 ■  引き取り初日

引き取る前までは、先日引退してしまった大好きなアイドルをモチーフにした名前をつけようと思っていたけど、いざ引き取って数時間一緒に過ごしてみると、人間への恋慕は他に対するものとは全く異なって、そんな名前をつけてしまったら、むしろ可愛がることなんてできない、そんなことから名前はまだない

愛玩動物への愛情と人間の女の子への恋慕は全く異なるものだとわかりましたとさ

投稿者 shamuru : 06:11 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年7月 3日
 ■  ふぇすてぃばぁりぃーな!!@名古屋ガイシ

フレックス制度を活用して、15:07に退社。15:37の電車を乗り継いで、18:20に名古屋ガイシホールへ。スピッツのFESTIVARENA公演二日目です。

自業自得ではありますが心の空洞に悩まされ続けてたどり着いた名古屋の地。憂鬱な気分が拭えないままの開演。祭りと銘打たれるように、今回は舞台装置や照明、映像などの演出がスピッツらしくなくとても凝っている、そして演目も新旧よいいみでごちゃごちゃに混じりあって、トークも少なくひたすら演奏が次から次に押し寄せてくるフェスティバル。ともすればホールはその箱の大きさゆえ無難?な選曲になりがちだけど、祭りなんだから好きなだけ詰め込んじゃいーじゃんという気概を全面に感じたよいALina公演でした

にもかかわらず、公演のうち十数分は、いまや実在するのかわからなくなってしまった女の子が頭に浮かんでくるのであって、事態は深刻だ。もはや実在しない人間関係で悩むなんてどうかしている

投稿者 shamuru : 22:42 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年7月 2日
 ■  喪失二日め

テンプレートのような内容が書かれているのは明らかなのに、現実から目を背けたいのか、未読のまま一日が終わった。そしてかわらず朝からイライラしていて、喋りかけられるたび、ムカついてくる。

明日のFESTIVARENAでは果たして心が晴れるのか

投稿者 shamuru : 23:18 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年7月 1日
 ■  大好きなアイドルが引退してしまった喪失感

話しかけられるだけでイライラしてきて、話を聞いてる途中から独り言で帰りたいとか口に出るくらいの症状だったので、昨日に続く早期退社である

明後日は名古屋でFESTIVARENAがある。あと二日頑張ろう

投稿者 shamuru : 19:32 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  6/30は別れと出会いの日

その日は月曜なのに朝から暇で、手持ち無沙汰にメールチェックを繰り返していた。すると想定外に最後の挨拶に出くわして、いつものように感情もたいしてこもってない二言三言が口をついた、と思ったら、それで終わっていた

なんの努力も行動もしてこなかった人間が、自分の望むように都合よく物事が進まないことに苛立ちを隠せないといった醜態を晒しながら、時間だけ過ぎていく。やおら、保健所から着信があり、面会の手配ができたという。心の平穏のためにも、会社を早退してそのひのうちに保健所に出向くことにした

突然のことで受け入れの準備がまだできていなかったから引き取りは金曜まで待ってもらうことにしたが、出会いの挨拶は済ませた。もうあの娘としゃべることはなくなるだろうけど、また別のあたらしいコミュニケーションに興じて生きていこう

投稿者 shamuru : 06:08 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月29日
 ■  登山トレ

来月北岳を登るらしく、事前トレーニングで大山に登った。ここ数ヵ月全く運動してないのもあって、過去何回か登ったときには全く感じられなかった疲労感があった。

しかし久しぶりに運動してみると、脳の興奮神経が刺激されたのか、女の子とも喋られるような感覚。コミュニケーションがうまくとれなくなって、至近は中々鬱から脱せられないのも身体が腐敗しているのが原因なのかもしれない。もはや後の祭りではあるのだが。

まあ三年も時間の猶予が与えられてあの体たらくだったのだから、いまさらどうこう言える身分ではないけれど

投稿者 shamuru : 17:09 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月26日
 ■  倉敷bot

これを機にとことん心をすっからかんにして過ごしていれば、いつの間にか心が復活したりするかもね

投稿者 shamuru : 21:39 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  ひとつの時世の区切りの日

こんなことならわざわざ退寮する必要もなかったかな、というか、むしろもっと早く決断すべきだったのに、うじうじだらだら、行動を遅らせた結果、ちょうどこのタイミングに重なったってのは、むしろ自分らしい最後と言える。

一年数ヵ月前に自分がほざいてたことを思い返せば、今の自分の落ちぶれようはひどい。過去を振り替えれば、楽しい思い出といえば女の子とのイベントばかり、それを絶やしたと考えれば必然と言えるけれど

さっさと敗走の準備を整えて、精神病棟に閉じ籠ろう

投稿者 shamuru : 21:25 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月24日
 ■  途中離脱

自分が目を背けている現実で起こっていることが想像でわいてでてきて、飲み会帰りのタクシーが辛い。はやく帰って桜Trickニコ生見て、ゆきんこに助けを求めたい

投稿者 shamuru : 20:19 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  眠りが浅い

ここ二ヶ月くらい眠りが浅くて、夜中に目を覚ます回数が極端に増えた。連続で6時間眠れることはほとんどなくて、たいてい2-3時間に1回は起きて、半分意識がないような感じで飲み物を飲んだり飯を食べたりするらしい。すぐに寝入ってしまうから寝不足の感じはないが、何が原因なのか。いつまでたっても女の子と仲良くなれない精神的ストレスなのか

投稿者 shamuru : 07:21 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月18日
 ■  猫の妊娠率は実に高い

貧民にできるのはせいぜい野良猫への餌付け程度であって、猫を飼うのは相当にブルジョワな行為だ。心の貧しい私もお金を払えばいまやデートもセックスもできるのだろうが、彼女は到底できない

投稿者 shamuru : 22:08 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月15日
 ■  斜行

一歩も前進することなく八ヶ月間立ち止まり続けたばかりか、ここ二ヶ月は気がくるってむしろ全力で逆走する始末。

しかし今日、本来進みたかった道ではないかもしれない、とんだ斜めな方向かもしれないけど、ようやく前を向いて進むことができた。角度がずれてるんだから、進めば進むほど離れていくのには相違ないけど、後ろ向いたり目をつぶったりするよりはだいぶましだ

あと一ヶ月もすれば、情報が完全に途絶えて、別になにか行動するわけでもないのに一挙手一投足を監視しては唾を飲む、半端なストーカーのような生活ともおさらばになるのかな

投稿者 shamuru : 20:23 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  寝て一日すぎる

満22歳の頃まで、生きてて何が楽しかったのか、充実してた理由はなんだったのか思い出して、それを実践していけば少しは報われるだろうと思おう。精通したての20年前とは違って、10年前と今で精神性でことさら変化しているところなんてないだろうし、別にその頃重要とも思わず必要性も感じてなかったのだから。

声優とAV女優以外に女の子は存在しません!

投稿者 shamuru : 00:14 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月13日
 ■  回帰

今までも何度も憂鬱でずっと気分が沈んだままだったことは何回もあったけど、その頃の苦しい感覚を全く覚えていないのは、ところどころで生きていてよかったと思える思い出を経験してきたからです。

ずっと苦しいのは、潰えたのか自ら道を絶やしたのかにより、単純に心が刷新できてないから

やはり生への執着は無視できず、楽しく生きていたいのは疑いようもないので、絶やしたからには新しい手段を確保しなければならない

というわけで明日即決しよう。そうしないといつまでも未練と後悔に引き摺られて陸でもない生活しか過ごせない

投稿者 shamuru : 22:03 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月12日
 ■  憂鬱病

夢も微妙に変化していってる

今までは遠くから見つめるだけシリーズだったが、昨日はその娘がしゃべっているすぐ隣に自分が座ったりするのだが、全く見ず知らずの他人のようにお互いなにも干渉しないという形に変化した。もはや夢ですら希望を抱けなくなったのか。

夢だけどおしゃべりできた!とかはしゃいでいた頃が嘘のようだ。夢なのにこれだけ現実の自分の感情や行動を如実に反映されるのは辛い。

そんな状況で週末には大阪で三森すずこのソロライブがあり、チケットもまだ買えるってのにとえもいく気にならない。憂鬱すぎて何もかもが無気力だ

投稿者 shamuru : 05:07 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月 9日
 ■  例えば好きな娘にできた彼氏が自分の知り合いだったという妄想

なにも努力してないのに、ひとりで勝手に嫉妬して、意味のない後悔をして、絶望して死にたいなどと呟きながら塞ぎこんだり、なんてみっともない人生

せっかく好きな娘が好きになった男が身近にいることをポジティブに捉えて、その知り合いにどんなところが彼女の琴線に触れたのか聞き出したりすれば、いくばくかは好きな娘が好きな男性像に近づきもしよう

そんなことしたって、その娘と付き合えるわけでは当然ないけれど、将来的に見た目考え方がその娘とちかしい女の子と仲良くなる可能性が少しは増すだろうて

投稿者 shamuru : 22:00 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月 4日
 ■  微妙にシチュエーション変えながら

同じような夢を繰り返し見る。

好きな女の子を微妙に離れた距離からずっと凝視し続ける、という夢である。今回もその娘は男といちゃついていた。

やはり諦めた現実だけでは心を保てないから、こんな夢を繰り返し見させてるんだろうか

なんだかんだでこの瞬間が一番生きた心地がする気がする。inputが閉ざされている以上、そんな夢のシチュエーションもいつか枯渇するし、むなしいことなんだろうが、ここしばらくの自分の行動の当然とも言える結果だとも考えられる

投稿者 shamuru : 05:04 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年6月 3日
 ■  病に伏す

もはや快復するのを心が拒んでいるとしか思えないくらい、治りが悪い。昨夜は咳がひどくて1時間おきに目が覚めるほど。
生活態度としては栄養ドリンクや消化のよいものを積極接種して、基本寝てばかり。週末なんかは起きているあいだほとんど、ミルキィホームズの映像を見て過ごすなど、それこそ好きな女の子に付きっきりで看病されるに次ぐくらい体によい生活を過ごした。

人生が充実しないのを、努力が足りず行動を怠る自分を棚上げして、病のせいにしようとしてるとしか思えない。咳もひどいし、からだがふらふらして、とても彼女を作るなんて無理。てか毎日いきるのが辛い、苦しい。しかたないよね、病におかされてるんだから

投稿者 shamuru : 21:42 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年5月31日
 ■  アルコホリック生活

今まで好きになる女の子は悉く酒豪である一方で、私は下戸である。少しでも近づきたいという思いから、去年あたりから一念発起してやたら酒を飲むようになった。

今月酒を飲んだ回数を数えたら5日しかなかった。5/4の世界卓球後に友達に呼び出されて予定外の1回と、会社の飲み会で2回、あとはライブの遠征で2回。宅飲みは一切してない。

近づくどころか遠ざかってるのだから当たり前の結果だ。ますます遠くなればそれこそ宇都宮時代のように人生にアルコールなんて不要になるんだろう。

投稿者 shamuru : 18:12 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  未練だらだら

いつもの夢の話です

好きな娘がほかの男とコミュニケーションとったりしてるのを離れたところから見つからないようにこそこそ見ては悶々とし続けている

毎日こんな夢ばかり

投稿者 shamuru : 08:51 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年5月30日
 ■  今性的に好きな声優って誰なんだろう

さっきぃ
あやち
ゆきんこ
じょるの
ゆいこ
なつねえ
かなえ
みころん
やおい
ばうむ

こんなかんじか。ふう。だいぶめんつも刷新されたんだな

投稿者 shamuru : 00:10 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年5月28日
 ■  夢に裏切られる

昨夜見た夢は自分がただのかまってちゃんであることが露呈するという本当に心がいたくなる内容だった。さらに輪をかけて痛め付けられたのは、かまってほしい人からは徹頭徹尾無反応で、そこら辺は現実そのものである。

そして一昨日から喉がいたい。ひとりごちるとき、思ったように声がでないことでさらに気分が沈んでいく。なにか自分の感情が素直に表現できてない感覚だ。文章を残すばかりでなく、発声することじたいにも大きな意味があるのか

投稿者 shamuru : 22:05 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年5月25日
 ■  燃えろ!ミルキィホームズ1266

特別授業がパワーアップして帰ってきた、そんな会心の出来のDVD付燃えろ!ミルキィホームズ1266(¥5000)。写真集の方は、ネロすず、シャロみこい、エリいず様が以外に似合ってた。そらまるはネロ1択かな。

やっぱ寸劇こそミルキィの醍醐味だし、また特別授業みたい映像企画やってほしい。


まだチケット争奪戦を勝ち抜かないといけないけど、今年後半の遠征予定。

7/13 ファンクラブイベント@京都
7/26 ファンクラブイベント@有明
9/20 ライブツアー@幕張メッセ
11/9 ライブツアー@仙台
11/16 ライブツアー@京都
11/23 ライブツアー@福岡
12/29,30 年忘れライブ@東京ドームシティホール

日曜開催だから、仙台と福岡は次の日半休とれば参戦可能。なんとかチケット奪取に全力を注ごう。女の子に話しかけるのに比べればこんなの容易い作業だ

投稿者 shamuru : 20:19 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  髪の毛を刈る

C360_2014-05-25-17-39-47-378.jpg

過去なんどもう二度と坊主にはしないと誓っても、結局心が弱ると髪の毛を刈り落とさずにはいられないメンヘラ

投稿者 shamuru : 20:01 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年5月24日
 ■  事故顕示欲を抑制することにより発生するストレス

FBは始めた当初からそして当然いまも好きな女の子の動向を把握するための手段でしかなく、特に自信の自己顕示の発露たることはなかった。だから、時折えもいわれぬ嘔吐感が生じる程度で、数週間遮断されたところで結局普通に生きている。
このblogの存在意義の通り、稚児が泣くがごとくに内心を吐露することがすなわち私にとっての生命維持装置であるから、あえてtweetしなかったこの一週間のストレスは想像以上で(RTで幾ばくかは自身の感情を代弁してもらったのに、だ)、気が更におかしくなりそうでここ数日の連投に至る。理由はわからないが、とにかく自分の感情を文章に残さないと私は生きていけない。


今眼前に座っている女性の後ろ姿が大好きな女の子に近いんだ。あくまで後ろ姿でしかなくて、ほんのすこし角度をずらせば、当然世の中にそうそうかわいい女の子が溢れているわけがないと認識せざるをえないのだが

投稿者 shamuru : 12:03 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  偵都ヨコハマにたどり着いた

往復20000円の航空券で岡山から偵都ヨコハマにミルキィホームズを追っかけてやって来た。開場はまだ先だけど、物販のために先入りしたらすでに何百人も並んでいて、餃子本が売り切れていた。15000円くらいグッズ買って、14:30の開場までどこかのビアホールで時間を潰そう

投稿者 shamuru : 10:20 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年5月23日
 ■  明日は横浜

いくら自分で情報を遮断していても、何だかんだでまともに社会で生活していて、日々それなりにコミュニケーションをとっていると、全く想定外のタイミングで話題が出てきて、自分の行動とこころの不一致さにいやがおうにも内心ひどく心が乱れる。うらやましい、という感情を抱くのはおかしい。自分で行動すればいいだけなのに

明日は朝が早い。なんどやってもコーデリアのようにきれいな色にならない。

投稿者 shamuru : 23:55 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年5月22日
 ■  哀ナニー

先週更新のミルキィホームズアワーを聞いていたら、小さい頃に読んでいた漫画で、唐突にミルモでポンが出てきたことに驚いた。ミルモでポンは上京したての自分がどはまりした漫画(きっかけはアニメだけど)でいまだ色褪せないけれど、振り替えればもう12年も昔で、その頃みこいは小学生だった。

高校大学の頃は誰に感化されるわけでもなく次から次に色んなものに嵌まっていったけれど、ここ数年はアニメ、音楽、芸術、文学、なんにしろ新しいものに接しようとするときは必ずこれはある人の好みに被っているだろうか、という基準を避けられない。昔から知的好奇心は旺盛で、なんらかの制約があるからこそ選択が可能なわけで、学生の頃は金銭が専らの制約であり、それが緩くなって新しい制約が出てきただけなのかもしれないけど。
ただそれにしても、せっかくそんな制約下で取捨選択した結果を活用しないのはあまりにも勿体ない、人生の損失ではないだろうか、と沈んだ気持ちになる

精通してから確かに20年近いが、自慰により性欲を解消し初めてまだ10年と少ししか経ってないのだ。そこを基準とすればまだまだ諦めるほど長くひとりで生きているわけではない。若い心持ちでで実在の女の子で性欲解消できる時期のはずなんだ

投稿者 shamuru : 22:59 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2014年1月 9日
 ■  あうあうあ

事実、大好きな女の子がアイドルとして存在しています。想像します、その女の子が身近な男と付き合ったり結婚する光景を。生きているのが辛くて、逃げたいのです。想像だってしたくないのです。

それではそんな嫌な想像を前にして何をするのですか。大好きな女の子に少なくとも身近な男にだけはとられたくない、と必死で努力しないのですか。自分が見えてる世界のなかではその娘にとって、自分が最高の男だって自信をもって言えるような人間になろうと当然すべきでしょう。人生諦めないでよ

投稿者 shamuru : 19:16 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年12月11日
 ■  自分ルール

少し前、とある団地アニメを見ていたら、自分ルールを律儀に守らないやつはまともな大人にならないという内容だった

なぜか自分は夕食林檎化計画やらプライベートでは女の子としか酒を飲まないなんてルールを設定していた。その挙げ句だ。陸に飯も食べられない、酒も飲めない、女の子には会えない、ただぐっすり眠れているだけの人生に意味なんてあるのだろうか、なおのこと永遠の眠りについてしまえばよい。そんな気分だ。誰がそんなルールを決めたのか、別に食べたければ好きなものを食べればいいし、飲みたければ好きなだけ飲めばいい、会いたければ好きな娘に会いに行けばいいじゃないか。結局ただひとつ満たされない欲望をごまかすためだけに、変なルールで自分を縛って、辛いことを別の辛さで隠そうとしてるだけでしょう。

投稿者 shamuru : 20:45 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年11月23日
 ■  有馬温泉の思い出

世の中にはとてもかわいらしい女の子がいます。そんな女の子を含んだ集団で有馬温泉に立ち寄ることもありえます。とすれば温泉あがりの女の子の隣に並んで、匂いを嗅ぐ可能性も発生します。気づけばそれが永遠の思い出に変わっているのです

投稿者 shamuru : 11:59 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年11月17日
 ■  欲求不満

99%の自己顕示欲と1%の承認欲求で生きていると考えれば、たった2weeksですらfbから離れられなかったのも納得がいく

投稿者 shamuru : 18:47 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年10月30日
 ■  これまで生きてて本当にがんばったって自信を持って言えること

一番は人生で最初で(今んとこ)最後、電話越しだったけど女の子に告白できたことはゆるがないけど、それ以外でなにを頑張ってきたんだろうと思い返す。

記憶力がそんなよくない自分でも事細かに覚えてるのは、(ブログでも書いてるかもだけど)当時大好きだった女の子と偶然会話する機会に恵まれたら、とある販促グッズが欲しいって言葉を聞いて、その日定時で会社をあがって、何件も巡って、ようやく手に入れて次の日の朝にプレゼントできた、とゆう片想いの身からしたらロマンティックにもほどがある脚色された記憶が残っています。気持ち悪い。

そして、大学受験頑張りました。これで頑張ったのはおわりかな。

投稿者 shamuru : 18:34 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年10月19日
 ■  安さの秘密はもやし?お好み焼きみちくさレビュー

倉敷市連島町西ノ浦にあるお好み焼き屋、みちくさに行ってきました。

カウンター8席にテーブル席一つとこじんまりとした個人経営のお店です。メインは広島風お好み焼き500円(そばorうどん入りで600円)。100~200円で各種トッピング追加も可能です。他にも焼きそばやカレーライスもあります。アルコールはビール、チューハイが450円。

サイドメニューもそこそこで、焼き鯖、焼き茄子、串焼き、サラダ、トマトスライスなど酒のつまみとしても十分。一番目をひいたのは、手羽先ぎょうざ。手羽元がギョウザの餡になっていました。


403848653.551146.jpg

注文したお好み焼きがこちら。麺なしの500円タイプですが、ボリュームがあり、これだけでそこそこ腹にたまります。おそらく値段の安さにも関わっていると思うのですが、一番の特徴がもやしです。キャベツよりもやしの方が多いです。もやしのシャキシャキ感はそれはそれでよいのですが、水分が焼くうちに抜け出てくるため、全体的にしっとりとした出来上がりになっています。麺ありにすれば、麺がもやしの水分を吸ってバランスが良くなったかな、とは思います。

営業時間は、11:30~14:00, 18:00~23:00と遅くまであいているので、夕飯としても、軽く飲むにしても使えなくはないと思います。

投稿者 shamuru : 12:47 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  誕生日

今日はさっきぃ生誕29周年祭。ぐうかわ。

さておき妹の誕生日も近いので近々会うし久しぶりになんか買おうかなと思ったり。
ディズニーリゾートのペアチケットを婚約者の人と行くようにあげるとか。ただ妹がディズニー好きという話を聞いたことがないし、本心は自分が好きな人と一緒に行きたくて、その女の子にプレゼントするという仮想体験を妹で済ませたいだけなのである。気持ち悪い

投稿者 shamuru : 05:21 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年10月17日
 ■  点検と補修

ようやく携帯を点検に出した。そしたら代用機を貸してもらえることに驚いた。5日ぶりだったが当然着信もメールもないと思いきや、妹と母親からだけメールが届いていた。永遠に彼女はできないかもしれないけど、妹はいつまでも味方で居てくれるだろうか

投稿者 shamuru : 22:36 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年10月16日
 ■  無自覚

辛いことや嫌なことがあると決まって目を背けるか逃げ出す対処しかできない。同じことの繰り返しで、2週間もそのことに無自覚だった。こうやって自分で可能性を摘んでいって、現実はなにも思い通りにいかないとか抜かして、ますます短気で癇癪持ちのわがままに落ち込んでく

投稿者 shamuru : 21:54 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年10月15日
 ■  携帯が壊れる

数日前に尻餅をついて来、携帯が無反応になっている。よくて液晶交換、最悪機種買い替えで、内臓メモリのデータは全て消えて、j蝶に変えた春から夏までの思い出が失われてしまうだろう。そんなに大事なら、毎日バックアップをとっておくべきだし、後の祭りではあるが、アナログ出力して一面の壁に貼り付けておけばよい。気味の悪さを自覚するに違いない

投稿者 shamuru : 06:43 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年9月19日
 ■  九月

家族とは所与の存在でした。

私が生まれたとき、そこには両親が家族として存在していました。そして月日がたち、両親によって新しい家族、妹と弟が与えられました。

30年生きていましたが、妻はおろか彼女すらできたことがありません。自分で家族を生み出す経験がないのです。

投稿者 shamuru : 14:35 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年8月31日
 ■  音楽の楽しみ方

今年はフェスにたくさんいきました。僕はネクラで音楽が大好きで、同じく音楽が好きな女の子が大好きでした。洋楽に疎い自分でしたがsummer sonicに興味を持ちました。舞洲に行けば会えるんじゃないかという期待を抱いて。出演するbandはほとんどわからないけど、音楽、しかもrockであるわけだし、楽しめないことはないだろう。

そして知らない音楽だけじゃなく女の子にも出会えることができたのでした。それだけで、いままで感じたことのない興奮が音楽を通じて身体を駆け巡ったのです。身体の芯から脳の髄まで、おかしくなってしまいました。

それから二つのフェスに行きました。僕は音楽にたいして完全に躁状態になっていました。ある想像を無意識にしてしまって、どんな音楽でもそれなりに楽しく感じてしまうのです。新しい音楽が新しい共通点になるんじゃないだろうか。

こんな感覚長く続くはずがないのです。いつか、何かのきっかけで、もうスピッツ以外音楽なんて聞きたくない、スピッツだけをずっと聞いていたい、こんな風になってしまうんじゃないか。

それでも明らかに今のこの感覚に酔っているのは、いきる上での喜び以外のなにものでもないでしょう?貴重な経験をしてるんだよ。

投稿者 shamuru : 19:35 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年7月 2日
 ■  アイドルの責務

この飽食の時代にあって、アイドルに求める重要な責務のひとつに、なにげにたべもののことをつぶやくことがある。

僕はアイドルのふとしたつぶやきに心とらわれ、次の日にはその日彼女が口にしたたべものが食べたくて仕方がなくなり、つつがなく夕飯のメニューが確定する。

そんなわけでローソンの健やかくるみパンが食べたくて仕方なくなり、会社帰りに立ち寄ったら、他にも自分と同じことを考えている男でこの世は溢れかえっているのか、そのシリーズのくるみパンだけがごっそり売り切れていた。

投稿者 shamuru : 22:40 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年6月26日
 ■  ターニングポイント

今年の3月になんであんな勘違いをしたんだろう。そっからなにもかもわからなくなった。

投稿者 shamuru : 23:39 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年6月25日
 ■  よくある話

とある女の子が好きといったものを自分も好きになりました。僕はそれにその女の子を投影させて、どんどんそれを好きになりました。時間が経ちました。僕はかわらずその女の子のことも、その女の子が好きといったそれも好きでいました。時間は普通人間に変化を与えるものです。好奇心旺盛なその女の子は新しいことに関心を向けていました。いつの間にか置いてけぼりをくっていました。なんで僕はその女の子のことを直視しないで、いつもいつも自分の中の女の子のことしか見ていないの?

投稿者 shamuru : 22:11 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年6月14日
 ■  結婚がしたい

かれこれ6年理想が変わってないのにあいかわらず結婚の気配すらないのだからもう無理なのかもしれないけど、将来気が狂って妥協を覚えたりするかもしれないから、比較のために6年の理想を記しておこう

1.見た目 小さい。155cm以下。140cm台がいい。ふとももが太くてお尻が大きい。揉みたい。体脂肪率は20%台。まあ30%越えててもたぶん大丈夫

2.性格 家族、実家や兄妹が大好き。家族に依存してる女の子が好き。自分もその娘の家族になってお互いに依存し合いたい

3.挙動 多趣味で自由。自己の価値判断に忠実に行動してるひとに惹かれる。自分の知的好奇心を刺激してくれるひとがいい。子どもができたら自由に育てたいから、それを否定しないひとの方がいいな。

投稿者 shamuru : 22:14 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年6月12日
 ■  感覚がずれている

会社の研修を受けていた。

すぐ後ろで、相席いいですか?という女の子の声がした。二人は同期なのだろうか、すぐさま若い男女の楽しそうな会話が聞こえてきた。とっかかりは仕事の話だ。男は前任も前前任も会社を辞めてしまった、そんなことを言っている。俺は頑張ってる、と誇示したいんだろう。女は心配そうに辞めないでくださいね、とこたえていた。
こいつらはsexをしているんだ。自分はそう思った。これは男女の性の営みだ。

自分もそんな風にsexがしたい、そう妄想しながら、数日ぶりにfacebookを開いている自分がいた

投稿者 shamuru : 22:12 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年6月11日
 ■  流れに身を任せてただけだった結果

与えられたおもちゃで自分を慰め続けていただけでしかなかった結果、とりあげられて、なにをしたらどうしたら慰みものが手にはいるのかわからず右往左往している状態。世知辛い世の中で普通に生きているひとは、自分で心の支えを見出して手にいれる術を身につけているんだろうが、自分はそれを生まれた時点ですでに与えられていた家族にすべて任せてしまって今の今まできてたんだな

投稿者 shamuru : 05:21 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年6月10日
 ■  だんだん心寂れていく

うしなってはじめて気づくとよくいいます。妹が婚約したと聞いてから数ヶ月たちますが、いかに今まで妹の存在がひとしれず心の支えになっていたか思い知ります。自分が世間に通用しなくて、ズタボロになって1人で生きていけなくても、最終的には家族がいて妹が支えてくれるという心理が、自分のよい意味での適当さ、割り切り、過剰とも言える自信を支えていたように思います。
兄という立場に甘えて、常に表向き関わり合うわけでもないけど、勝手に一方的に依存関係を構築してなんとか生き抜いてこれたのでした。

投稿者 shamuru : 22:29 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年5月16日
 ■  退路を絶つ

人間もしくは自分は、逃げ道が存在してる限り、おそらくなにもなさず、怠惰に時間を費やすことしかできない。退路を絶つべく喧伝して、奥底にある実行力を発露させよう

投稿者 shamuru : 22:44 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年4月13日
 ■  底が知れる記念日

自分の中で感情が盛り上がる一方で、準備も努力もせず、一方向的な妄想や思い込みの世界で満足してしまったままの状態で現実にかえるから、なにもできなくなっちゃうんじゃないの。ひとりの世界に閉じこもると根拠のない自信に支配されるってのがよくわかる。

かわいい女の子と一緒に映画を見るという、過去何度か挑戦していずれもうまくいかなかったハードルを、1:1ではないとゆう条件付きながら越える機会を与えてもらったのに、事前の確認不足で不意にしてしまった。それだけならまた次を狙えばいいけど、次のための行動がどういうことか理解できてるんだろうか。二次元やアイドルへの視線そのもので、結局女の子の見た目の可愛らしさにしか興味がなくてコミュニケーションを取るつもりなんてさらさらないんじゃないだろうか。

投稿者 shamuru : 23:35 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年4月 8日
 ■  もやもやしてよくわかんねえす

無気力に時間ばかりすぎるので、今日ほど月曜の仕事が来てほしいとかんじたことはありません。完全に気が狂ってしまいました

投稿者 shamuru : 01:54 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年4月 7日
 ■  依存度合いが増した結果

3月から今までにないくらい接触機会が多かったこともあり、依存具合が膨らみすぎて、昨日今日ととりたてて予定をいれてなかった結果、悶々として無気力化してしまってほぼ寝て過ごしたわけだけど、夢の中でも依存が解けない。まさに寝ても覚めてもである。明日からまた仕事が始まったら元に戻るだろうが、こうゆうときに限って暇であるのはよくない。再来週から5月一杯、いまのところ何の予定も入れてないから、同じ事態を避けるためにも予定を入れまくらなければ

投稿者 shamuru : 21:50 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年4月 6日
 ■  騙されやすい性格をしてる

人伝に聞いた自分に対するポジティブな評価にその気になってしまう。自分を喜ばすのはなんて簡単なんだ。

投稿者 shamuru : 11:26 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年4月 3日
 ■  2013年度

童貞の枷だとコンドームを捨てて、あと2ヶ月で2年経つが、いまだ必要性を一切感じない生活を続けている。避妊を任せているわけではない

投稿者 shamuru : 22:40 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年2月 5日
 ■  問いと答え

ある幹事(女の子)が私を含むグループ(男4女2)に対して旅行を呼びかけた際、幹事が最少催行人数を「3-4人」とした理由を答えよ。なお、幹事と私は必ず旅行に参加するものとする。

幹事と私、2人きりとなるのを避けるため。また3人の場合、3人目が私と面識が浅かった場合(たとえばもうひとりの女の子など)、私が幹事の女の子とばかり接触しようとする事態を回避するため

投稿者 shamuru : 00:27 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年2月 2日
 ■  しんねんとひとつき

12月から1月は労働時間的にはそれほどではないとはいえ、長期に渡ってストレスフルな会社生活だった。プライベートはかなり充実してたからなんとかたえていけたが。依存が大きくなってくなあ

投稿者 shamuru : 00:41 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2013年1月26日
 ■  2013年始まりました

普段ですらなかなかうまくコントロールできてないのに、ミスをやらかしちまったらなおさらにプライベートの予定がぐちゃぐちゃになってしまいます。もうひとりで過ごすのに飽き気味な童貞のプライベートにそれほど価値があるようには思えないが、本気で大切にしたい時間だけは侵食されなければそれでいいか。とりあえず今回の騒動が先週でなくて今週に起こってよかった。数少ない大切な思い出は大事にしなきゃね。早く樹海に行きたいな

投稿者 shamuru : 00:40 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年11月16日
 ■  ふとんのぬく森

気分が沈みすぎてる毎日だった。
羽毛ぶとんをひっぱりだした。
女の子のぬくもりを感じた。
眠った。会社からのモーニングコールで起こされた。

また休日に迷惑な、と思ったら平日の朝8時だった。

仕事から帰ってきた。布団に潜ったら温かかった。
眠りから覚めなかったのは、けして仕事がしたくないからではなくて、単純に女の子とsexしたいだけなんだ

という結論

投稿者 shamuru : 00:52 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年10月30日
 ■  久々に

聞いて見たいこともあるし、頑張って話しかけようと会社に臨んだんだけど、機会が訪れるのが突然すぎて、普通にお疲れ様ですで終わってしまった。せっかく半休中になんどもシミュレーションしたのに、シチュエーションがちょっと違ったら一向に意味ない

投稿者 shamuru : 20:58 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年7月16日
 ■  業務がかわって

最初の週末だっけど、旅行中なのに数時間おきに電話がかかってきた。もう来週から心だけでなく体も引きこもりかな。お金たまるかな。

投稿者 shamuru : 17:24 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年5月24日
 ■  過ぎたものはしかたない

まあまた0からのスタートだけど、長くはないだろうけどまだ時間的猶予はあるのだから、いろんなことにチャレンジしてまた興味をもってもらえるように頑張るしかないよね

さっさと心を切り替えよう

投稿者 shamuru : 11:36 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年5月23日
 ■  生活

去年の春にはもうこんなに仕事したくないですとかけあって、業務範囲を半分に減らしてもらい、今年はもうこんな仕事したくないですと、本来自分くらいの年次だとしないような(若手がするような)業務に変えてもらおうとしている

評価は下がる一方かもしれないが、そういう意味で会社にはかなりのわがままを聞いてもらっていて、もはや不満なんかは一切ないレベル

問題はプライベートである。彼女ほしい、結婚したい、そうしたら会社での転落傾向荷物歯止めがかかるんじゃないだろうか

投稿者 shamuru : 18:34 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年5月22日
 ■  続続き

暇な時間が訪れるたび、分に分に気分がしずんでくんだけど、このまま自閉的になったら前と変わらんのでむしろストーカーになるくらいの心持ちでいたいな。アイドルの追っかけとかしてる場合じゃないよ

とりあえずさけのみたい

投稿者 shamuru : 20:47 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  続いた

と無事食事を終え店を出た僕は、どうやって次探そうとか考えてたけど自分がなにいってるかわからず、ほんとは猫カフェ行きたかったのに、なぜかライブ前には一人で良くカラオケに行くんだよとか発言してた

そんで向こうから一緒にカラオケ行こうとかいってもらえたんだけど、ここからが最悪だ

せっかく二人きりの空間なのに彼女を見つめることもできずひたすらモニターばかり見ている。彼女が歌ってるのをとかに盛り上げることもせず。そんな調子であっとゆうまに2hが過ぎ、解散した

すぐさま僕は楽しかったからまた遊びたいねとメールを打ったけど特に反応もない

せっかく4年振りに与えてもらったチャンスを完全に台無しにしてしまったなあ。4年間苦労を避けて怠惰に生きてきた因果応報なのだなあ

投稿者 shamuru : 14:40 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  四年ぶり

その間何回かコンタクトをとろうとしたけど全然相手にしてもらえなくて、こんかいようやくチャンスを与えてもらった。

いきなり夜はダメだと言われたけど、お昼ならと言うことで、一緒にご飯を食べました。最初は緊張して水ばっかり飲んでたけど、旅行の引き出しは人一倍あるので充実してしゃべれたような気がする

続く

投稿者 shamuru : 07:46 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年4月26日
 ■  充実した

一生セックスする機会に恵まれないんだろうけど、そんな平成生まれの可愛い女の子と二人っきりでたくさん喋れたから人生ってすごい充実してるんだと感じる

投稿者 shamuru : 00:13 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年4月23日
 ■  CoCo壱番屋のカレーはあいかわらず高価だった

仕事中に業務のことで声をかけられ、数カ月ぶりに女の子と喋ることになった。なぜか終始僕は敬語で、途中幾度となく心の内で否定しようとしたけど、それはやむことがなかった。そして、すっかり自信を失ってしまったんだ。

夢も妄想も現実も、その境界を曖昧にしたまま過ごしているのが悪いんだけど、僕は時には女の子と饒舌だ。つい一週間前だって、偶然街中で出会って、適当な会話を交わしたばかりだ。確かにあくまでそれは夢の話かもしれないけれど、日常会話くらいならなんてことないだろ?適当に相槌を打って、事務的な会話を交わすのに、夢も現実もあるもんか。

今後女の子とまともに喋れる機会は果たして訪れるんだろうか、このままだと夢と現実での自分のギャップに苦しむばかりだ。

投稿者 shamuru : 23:19 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年4月 4日
 ■  新年度です

9時間熟睡。願望と現実がよく表現された夢だった。集団旅行で気になる娘と一緒になる機会に恵まれたのに、自分から話しかけられなくて、結局1人で行動してた。せっかく話しかけてくれてもどもってしまって会話が続かない。

投稿者 shamuru : 05:24 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年3月16日
 ■  満28歳になりました

最近のできごと。

会社の健康診断がありました。体力テストであいかわらずぼっちだった僕は係のおねえさんに腹筋の補助をしてもらいました。僕のつま先がおねえさんのふとももとゆうかおしりの下敷きになって、その柔らかさに興奮してしまいました。ただし勃起はしていません

誕生日にコメントを方方からいただいております。

こんど東京に来たらうんぬんって、今までメールの返信すらくれなかったのはいったいなんなの?と頭が混乱しております

投稿者 shamuru : 10:35 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年2月28日
 ■  ドリーム充実

女の事キスする夢を見れた(今回は全然知らん人だったけど)。うらやましい

投稿者 shamuru : 06:05 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年2月18日
 ■  ファン感謝祭が来週ひらかれる

憧れのあのアイドルと一緒にキリンビール工場で試飲しよう!、広島の美術館を巡りまくろうツアーが仮にあったとしたら、当然参加したいんだけど、ビールが好きなわけでも芸術に素養があるわけでもないただアイドルが好きなおっさんが参加するのは実際問題むつかしい。ファンクラブ感謝祭は自分の願望であって、実際はただのリア充の集いだもんね

投稿者 shamuru : 00:09 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年2月13日
 ■  坊主だけではたりない

停滞する現実から目を背けたくて、進展しない理由があたかも忙しさであるかのように言い聞かせて、毎週のように旅行の予定を入れ続けてもう半年もたった

投稿者 shamuru : 19:58 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年2月12日
 ■  SNSをやる意味は

ふだんなかなか声をかけつらかったり、連絡をとりつらい人に気軽にしゃべりかけられることにあるはず、とゆうかそうゆう目的で利用しているのだが、ぜんぜん気軽になれてないじゃないか。

投稿者 shamuru : 23:09 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年2月11日
 ■  女の子が隣に写っているよ

旅先のホテルでこの前の聖誕祭の写真を見ている。遠近法を無視すれば2ショットと言えなくもない。永久保存しよう

投稿者 shamuru : 08:17 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月31日
 ■  女の子はかわいい

そしてそんなかわいい女の子の全身を舐めまわす夢を見たい。つま先から耳の裏まで余すとこなく舐めまわしたい

投稿者 shamuru : 22:57 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月28日
 ■  とある女の子の聖誕祭が終わった

2012年のテーマはアイドルの追っかけになる。しっかり心に秘めて過ごしていこう。セレクションが無い限り、今回のようなイベントには甲斐甲斐しく参加していって、みんなと一緒に盛り上がって、取り巻いていけたらいいな。今回のイベントでは1m以内に近づくことができなかったけど、至近の感情だと抱きしめたくなる感情を抑えきれないので、むしろ今日くらいの距離感がちょうどいいきがする。

投稿者 shamuru : 02:25 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月27日
 ■  NTR属性なんてなかったんだ

女の子の好きなところは「日々の生活」と答える女性声優もいるようですが、可愛い女の子の日々の生活には男の影が見え隠れして、現に目の前でもかわいい女の子がかっこいい男の子といちゃついているもんで、なんかもう心がやきもきしてしまって辛くなってしまいます。日々の生活なんて見えない方が良いのです。立派なアイドル声優のように現実的な日々な生活はすっかり隠してしまってひたすらフィクションや妄想を垂れ流してくれる方がよいのです

投稿者 shamuru : 00:17 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月23日
 ■  2012年がようやくはじまる

とあるグループ員の送別会は、逆に1/27に配属される中途のグループ員の歓迎会と兼ねるみたいで、1/27の飲み会の線はほぼ消えたみたいですごい安堵している。余計なことで悩んだり、人生を悔いたりする必要はたちまちはなくなりました。ようやく今年が始まるって感じです。早く始まんないかな、2012年

投稿者 shamuru : 20:56 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月21日
 ■  くずむしがなく

2/1のグループ員の異動を聞かされて以来、送別会が1/27に被らないことばかり祈っているそんな自分はくずむし

個人的な感情で言えば、比較するのもばかばかしいくらいお誕日会に行きたいが、どちらも会社がらみで関係性の深さからすれば当然送別会に参加すべき、てゆうかグループ員の送別会よりとある女の子のお誕生日会優先とか、気持ち悪すぎる、1/30から会社での立場が今以上になくなる気がする

投稿者 shamuru : 10:39 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月19日
 ■  天使的な誕生日会

に参加できるかもしれない。めでたい、愛でたい、めでたい、愛でたい愛でたい愛でたい愛でたい愛でたい愛でたい愛でたいなあ

投稿者 shamuru : 21:19 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  完全に嫉妬

隣に机を並べて、絡んでいるとある男の子と女の子の絡みを遠巻きから眺めていると、男の子の女の子への振る舞いが自分の中の理想に近くて、それをみせつけられると、嫉妬に狂う。

投稿者 shamuru : 08:01 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月15日
 ■  2011年を振り返る

一昨年二昨年とか確実に人生が満たされてなくて更新頻度がおもいきりへって、年史にはせめて1年をしっかり振り返ることくらいはしようとか思ったりはしたけど、つまんなかった1年なんて黒歴史そのもので記録に残すなんて恥ずかしすぎるという結論になってしまってました

一方去年は後半かなり楽しい経験もしたので、今さらですが1年振り返る投稿をします

2011年を振り返って

買って損したno.1
「損」という表現は妥当じゃなくて「宝の持ち腐れ」のほうが妥当だけど、ヘルシオ(定価は8万くらい)です。引越しを機にレンジを買い換えたんだけど、秋くらいから痩せるために食制限を始めたためほとんど使う機会にめぐまれてない。60KG前半を維持できるようになったら活用したい

悲しかったno.1
mixi再開してfackでも友達になれたけど、結局ネット上のオタ友以外のなんでもない関係性であると痛感させられた。ストーカーにでもならない限り一生あうことはできないでしょう

行ってよかったno.1
マラケシュのメディナ(旧市街)。働くことが嫌で1w休んで、念願のアフリカに行けて、迷路のようなマラケシュのメディナでひたすらまよいながら朝から晩まで歩いて歩いて歩いて歩きまくってハマムでおじさんと仲良くなって、はーとまーくの猫にであって、楽しかった

聞いてよかったno.1
Z伝説。ももクロについてはいまでもにわかの域を脱してないのだけれど、これもきっかけの一つでかわいい女の子とたくさん喋れて、プレゼントまでもらえたので、ますますももクロが好きになった

見てよかったno.1
Hedwig and the Angry Inch。No Music, No Lifeの体現。

読んでよかったno.1
KANA(花澤香菜写真中)。読む?まあ本だし。去年はあいなまとかなビッチとたつきとえりボンで4種類写真集を買ったけど、たつきの写真集での可愛さはハンパなかった。

食べてよかったno.1
旅行とかしまくっていろいろおいしいものたべてたはずだけど、実はあまり印象にない。隠岐で食べたウニ丼は遠い昔六ケ所村接待を思い出すほどのおいしさだった

楽しかったno.1
去年配属されてきた女の子が可愛かった。やっぱり自分にとっての世界とは女の子を中心にまわってるものなんだな

投稿者 shamuru : 18:02 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月12日
 ■  ここしばらくのいきがいとは

mixiでもfackでもよいのだが、私が邪な感情をいだいている女の子が興味を持っているようなネタ(最近の例だとももクロとか代永翼なんか)を投稿して、いいね!を押してもらったりすると、あたかも自分のことをいいね!と思ってもらえてるように錯覚して、すごい人生の素晴らしさを感じる。

でも、そうゆうのを続けてると、当然なんだけど結局自分のプライベートについては一切無関心なのがはっきり浮かび上がってきて、共通の話題がある知り合いという関係性でしかないことに憂鬱となる。

しかしとりあえずたくさんいろんなことを投稿していくと、え?これに反応してくれるの!ってことがあるから、結局なにもかわらず、やめられない。たぶんこれからもずっとその繰り返しだろう。

投稿者 shamuru : 23:27 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月10日
 ■  どさくさにまぎれて

モロッコのおみやげと称して、女の子にプレゼント的なことをしていた

といいつつあからさまな行為はあまりにはずかしいし、あとが怖いので、同じものを同期に渡して回ったわけだが、しかし、そもそも論からすると、「モロッコのおみやげ」とかだったら自然な雰囲気で女の子にプレゼントできるんじゃね?⇒じゃあ、女の子にあげるようなもので、モロッコのおみやげで適当なのってないかな?⇒アルガンオイルってのが、ひっかかった。値段も1000円くらいだし、日本じゃ物珍しいしこれにしよう、という流れなのである

すごい緊張して渡しに行ったら、うつ伏せで眠っていたので、知人に託しその場を離れた。なかなか青春ポイントは獲得できないものだ

そして時は流れ、なぜか今日その娘からももクロchanの手袋(スマホ対応)をもらった。歓喜である。理由はどうであれ、女の子からなにかをもらうなんて、そうそうあることではない。てか、人生で数度しか無い。そしてその娘がかわいいのだから、まさに神棚に飾る気分である。一層の神格化が進行しつつある

どうであろうか、私はこの一ヶ月の間で女の子にプレゼントを渡し、女の子からプレゼントを貰うという経験をしていたのだ

投稿者 shamuru : 22:34 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag