2014年1月 9日
 ■  あうあうあ

事実、大好きな女の子がアイドルとして存在しています。想像します、その女の子が身近な男と付き合ったり結婚する光景を。生きているのが辛くて、逃げたいのです。想像だってしたくないのです。

それではそんな嫌な想像を前にして何をするのですか。大好きな女の子に少なくとも身近な男にだけはとられたくない、と必死で努力しないのですか。自分が見えてる世界のなかではその娘にとって、自分が最高の男だって自信をもって言えるような人間になろうと当然すべきでしょう。人生諦めないでよ

投稿者 shamuru : 19:16 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag