2012年5月24日
 ■  過ぎたものはしかたない

まあまた0からのスタートだけど、長くはないだろうけどまだ時間的猶予はあるのだから、いろんなことにチャレンジしてまた興味をもってもらえるように頑張るしかないよね

さっさと心を切り替えよう

投稿者 shamuru : 11:36 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年5月23日
 ■  生活

去年の春にはもうこんなに仕事したくないですとかけあって、業務範囲を半分に減らしてもらい、今年はもうこんな仕事したくないですと、本来自分くらいの年次だとしないような(若手がするような)業務に変えてもらおうとしている

評価は下がる一方かもしれないが、そういう意味で会社にはかなりのわがままを聞いてもらっていて、もはや不満なんかは一切ないレベル

問題はプライベートである。彼女ほしい、結婚したい、そうしたら会社での転落傾向荷物歯止めがかかるんじゃないだろうか

投稿者 shamuru : 18:34 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年5月22日
 ■  続続き

暇な時間が訪れるたび、分に分に気分がしずんでくんだけど、このまま自閉的になったら前と変わらんのでむしろストーカーになるくらいの心持ちでいたいな。アイドルの追っかけとかしてる場合じゃないよ

とりあえずさけのみたい

投稿者 shamuru : 20:47 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  続いた

と無事食事を終え店を出た僕は、どうやって次探そうとか考えてたけど自分がなにいってるかわからず、ほんとは猫カフェ行きたかったのに、なぜかライブ前には一人で良くカラオケに行くんだよとか発言してた

そんで向こうから一緒にカラオケ行こうとかいってもらえたんだけど、ここからが最悪だ

せっかく二人きりの空間なのに彼女を見つめることもできずひたすらモニターばかり見ている。彼女が歌ってるのをとかに盛り上げることもせず。そんな調子であっとゆうまに2hが過ぎ、解散した

すぐさま僕は楽しかったからまた遊びたいねとメールを打ったけど特に反応もない

せっかく4年振りに与えてもらったチャンスを完全に台無しにしてしまったなあ。4年間苦労を避けて怠惰に生きてきた因果応報なのだなあ

投稿者 shamuru : 14:40 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  四年ぶり

その間何回かコンタクトをとろうとしたけど全然相手にしてもらえなくて、こんかいようやくチャンスを与えてもらった。

いきなり夜はダメだと言われたけど、お昼ならと言うことで、一緒にご飯を食べました。最初は緊張して水ばっかり飲んでたけど、旅行の引き出しは人一倍あるので充実してしゃべれたような気がする

続く

投稿者 shamuru : 07:46 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag