2012年1月31日
 ■  女の子はかわいい

そしてそんなかわいい女の子の全身を舐めまわす夢を見たい。つま先から耳の裏まで余すとこなく舐めまわしたい

投稿者 shamuru : 22:57 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月28日
 ■  とある女の子の聖誕祭が終わった

2012年のテーマはアイドルの追っかけになる。しっかり心に秘めて過ごしていこう。セレクションが無い限り、今回のようなイベントには甲斐甲斐しく参加していって、みんなと一緒に盛り上がって、取り巻いていけたらいいな。今回のイベントでは1m以内に近づくことができなかったけど、至近の感情だと抱きしめたくなる感情を抑えきれないので、むしろ今日くらいの距離感がちょうどいいきがする。

投稿者 shamuru : 02:25 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月27日
 ■  NTR属性なんてなかったんだ

女の子の好きなところは「日々の生活」と答える女性声優もいるようですが、可愛い女の子の日々の生活には男の影が見え隠れして、現に目の前でもかわいい女の子がかっこいい男の子といちゃついているもんで、なんかもう心がやきもきしてしまって辛くなってしまいます。日々の生活なんて見えない方が良いのです。立派なアイドル声優のように現実的な日々な生活はすっかり隠してしまってひたすらフィクションや妄想を垂れ流してくれる方がよいのです

投稿者 shamuru : 00:17 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月23日
 ■  2012年がようやくはじまる

とあるグループ員の送別会は、逆に1/27に配属される中途のグループ員の歓迎会と兼ねるみたいで、1/27の飲み会の線はほぼ消えたみたいですごい安堵している。余計なことで悩んだり、人生を悔いたりする必要はたちまちはなくなりました。ようやく今年が始まるって感じです。早く始まんないかな、2012年

投稿者 shamuru : 20:56 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月21日
 ■  くずむしがなく

2/1のグループ員の異動を聞かされて以来、送別会が1/27に被らないことばかり祈っているそんな自分はくずむし

個人的な感情で言えば、比較するのもばかばかしいくらいお誕日会に行きたいが、どちらも会社がらみで関係性の深さからすれば当然送別会に参加すべき、てゆうかグループ員の送別会よりとある女の子のお誕生日会優先とか、気持ち悪すぎる、1/30から会社での立場が今以上になくなる気がする

投稿者 shamuru : 10:39 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月19日
 ■  天使的な誕生日会

に参加できるかもしれない。めでたい、愛でたい、めでたい、愛でたい愛でたい愛でたい愛でたい愛でたい愛でたい愛でたいなあ

投稿者 shamuru : 21:19 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  完全に嫉妬

隣に机を並べて、絡んでいるとある男の子と女の子の絡みを遠巻きから眺めていると、男の子の女の子への振る舞いが自分の中の理想に近くて、それをみせつけられると、嫉妬に狂う。

投稿者 shamuru : 08:01 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月15日
 ■  2011年を振り返る

一昨年二昨年とか確実に人生が満たされてなくて更新頻度がおもいきりへって、年史にはせめて1年をしっかり振り返ることくらいはしようとか思ったりはしたけど、つまんなかった1年なんて黒歴史そのもので記録に残すなんて恥ずかしすぎるという結論になってしまってました

一方去年は後半かなり楽しい経験もしたので、今さらですが1年振り返る投稿をします

2011年を振り返って

買って損したno.1
「損」という表現は妥当じゃなくて「宝の持ち腐れ」のほうが妥当だけど、ヘルシオ(定価は8万くらい)です。引越しを機にレンジを買い換えたんだけど、秋くらいから痩せるために食制限を始めたためほとんど使う機会にめぐまれてない。60KG前半を維持できるようになったら活用したい

悲しかったno.1
mixi再開してfackでも友達になれたけど、結局ネット上のオタ友以外のなんでもない関係性であると痛感させられた。ストーカーにでもならない限り一生あうことはできないでしょう

行ってよかったno.1
マラケシュのメディナ(旧市街)。働くことが嫌で1w休んで、念願のアフリカに行けて、迷路のようなマラケシュのメディナでひたすらまよいながら朝から晩まで歩いて歩いて歩いて歩きまくってハマムでおじさんと仲良くなって、はーとまーくの猫にであって、楽しかった

聞いてよかったno.1
Z伝説。ももクロについてはいまでもにわかの域を脱してないのだけれど、これもきっかけの一つでかわいい女の子とたくさん喋れて、プレゼントまでもらえたので、ますますももクロが好きになった

見てよかったno.1
Hedwig and the Angry Inch。No Music, No Lifeの体現。

読んでよかったno.1
KANA(花澤香菜写真中)。読む?まあ本だし。去年はあいなまとかなビッチとたつきとえりボンで4種類写真集を買ったけど、たつきの写真集での可愛さはハンパなかった。

食べてよかったno.1
旅行とかしまくっていろいろおいしいものたべてたはずだけど、実はあまり印象にない。隠岐で食べたウニ丼は遠い昔六ケ所村接待を思い出すほどのおいしさだった

楽しかったno.1
去年配属されてきた女の子が可愛かった。やっぱり自分にとっての世界とは女の子を中心にまわってるものなんだな

投稿者 shamuru : 18:02 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月12日
 ■  ここしばらくのいきがいとは

mixiでもfackでもよいのだが、私が邪な感情をいだいている女の子が興味を持っているようなネタ(最近の例だとももクロとか代永翼なんか)を投稿して、いいね!を押してもらったりすると、あたかも自分のことをいいね!と思ってもらえてるように錯覚して、すごい人生の素晴らしさを感じる。

でも、そうゆうのを続けてると、当然なんだけど結局自分のプライベートについては一切無関心なのがはっきり浮かび上がってきて、共通の話題がある知り合いという関係性でしかないことに憂鬱となる。

しかしとりあえずたくさんいろんなことを投稿していくと、え?これに反応してくれるの!ってことがあるから、結局なにもかわらず、やめられない。たぶんこれからもずっとその繰り返しだろう。

投稿者 shamuru : 23:27 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2012年1月10日
 ■  どさくさにまぎれて

モロッコのおみやげと称して、女の子にプレゼント的なことをしていた

といいつつあからさまな行為はあまりにはずかしいし、あとが怖いので、同じものを同期に渡して回ったわけだが、しかし、そもそも論からすると、「モロッコのおみやげ」とかだったら自然な雰囲気で女の子にプレゼントできるんじゃね?⇒じゃあ、女の子にあげるようなもので、モロッコのおみやげで適当なのってないかな?⇒アルガンオイルってのが、ひっかかった。値段も1000円くらいだし、日本じゃ物珍しいしこれにしよう、という流れなのである

すごい緊張して渡しに行ったら、うつ伏せで眠っていたので、知人に託しその場を離れた。なかなか青春ポイントは獲得できないものだ

そして時は流れ、なぜか今日その娘からももクロchanの手袋(スマホ対応)をもらった。歓喜である。理由はどうであれ、女の子からなにかをもらうなんて、そうそうあることではない。てか、人生で数度しか無い。そしてその娘がかわいいのだから、まさに神棚に飾る気分である。一層の神格化が進行しつつある

どうであろうか、私はこの一ヶ月の間で女の子にプレゼントを渡し、女の子からプレゼントを貰うという経験をしていたのだ

投稿者 shamuru : 22:34 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag