2006年8月31日
 ■  上信越孤独旅行<上越・高崎線編>

上信越孤独旅行第三日目後半。
水上→高崎→上野


午後三時。ついに旅の最終目的地である、水上駅に到着。
コースは、水上駅→諏訪峡→諏訪の湯→諏訪峡→ふるさと館→水上駅。往復3時間のコース。

 
水上駅周辺の風景。


諏訪峡遊歩道を通って、諏訪峡を散策します。 v(°∇^*)にはは

 
  
ここらへんは公園になっているので、誰でも河原に出る事ができます。僕が一人で戯れている間も、若いおにゃおこがふたりで川辺に座ってなにやら楽しげにおしゃべりしてました。おしゃぶりじゃないです。僕もおしゃぶりでもおしゃべりでもなんでもいいから一緒にしたいです。


吊り橋から。5人以上同時に乗ってはいけないそうです。揺れます。ここから先は危険なため、一部を除いて河原には出れないようになっています。

 

 

 

 

  
諏訪峡、往路で撮影した写真群。癒されます。

諏訪の湯到着。
  
ふむふむ。ここの温泉は飲めるのか。....〆(・ω・` )メモメモ

  
実際に飲んでみるテスト。きつめの硬水?なんか腹にもたれる感じが若干します。

復路。

なんつーか、この時点でシャツの替えはなく。せっかく温泉に入ったのに、汗でぬれたシャツをなんで再び着にゃあかんの?ってことで、復路は上半身裸になりました。温泉からあがったときから一切シャツを着ていません。まーどーでもいいです。大事なところは隠してるんで。

  
基本的に通ってる道は一緒なんだけど、見る方向が違えば景色も違うと。

  
諏訪峡往復完了であります(*><)


 
水上駅から徒歩10分のところにある、ふれあい交流館の無料足湯で旅の疲れを癒します。きもちぇぇ。このまま一生浸かってたい気分。てゆうか、これで今回の旅も終わりなんだね。長いようで短かったよ。なんかひたすら歩いたりしてただけのような気もするけど、いい経験になった。温泉も大好きになった。またこんな一人旅がしたいです。今度は東北奥地とかがいいかな。


午後8時、水上駅出発。
午後9時、高崎駅着。女子高生の太ももに欲情しかける。いかんいかん、夕飯は太ももぢゃない。いや、夕飯がJKの太ももだったらこんなすばらしい晩餐はないのだろうが。雨が降っていたため、駅構内の吉野家でソースカツ丼をちょっぱやで食し、九時半発の上野行き列車に駆け込む。
午後11時半、上野駅到着。山手線に乗り換え、日付が変わる前に、駒込駅そして自宅の曙荘へ。

約73時間に及ぶ上信越孤独旅行、ここに終了を宣言します。次は浅間山だ!

投稿者 shamuru : 05:33 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  上信越孤独旅行<上越線編>

上信越孤独旅行第三日目前半。
新潟→長岡→越後湯沢


午前五時半、漫画喫茶出発。スリッパが心地いい。つうかもう靴擦れに悩まされないで済むかと思うと本当に泣けてくる。旅に出るときはちゃんと履き慣れた、自分に合った靴を選ぼうと心に決めました。

午前六時半。新潟駅に到着するも、大雨に見舞われる。事前の天気予報だと、この日は新潟長岡は降水確率70%。スリッパで大雨の中を歩くって信じられないんですけど。水上は散策がメインだけど、大丈夫だろうか?てゆうか、雨さん早く止んでください(>_<)へここ


通学中の女子高生の群れとともに長岡に到着。なんつうかへここの祈りが効いたのか、長岡に着く頃にはすっかり雨が止んでました。今日も1日晴れっぽい。ゆかいゆかい。


ぉ なんの2番煎じですか?


長岡で有名な洋菓子屋、ガトー専科で朝食。シュークリームとバナナどら焼きとガトーショコラ。つうか本当に甘味が好きだね。


米百俵の美談。喩えて言うなら、彼女にブランドもののバッグを買ってあげたら、いつのまにか質屋に入れられてて、その金で自分への投資しちゃいましたってかんじ(違


最低限文化的な観光行為。ちなみに長岡同様、わが故郷宇都宮も爆撃されまくりました。10分ほど資料館を覗いて、午前10時半、長岡出立。


 
正午、第四の目的地、越後湯沢駅到着。いい景色です。癒されるよ。



越後湯沢は「雪国」の舞台。石碑発見。

 
駅から徒歩15分。駒子の湯です。二日ぶりの風呂は最高だったよ。温泉が本当に大好きになりました。


昼食は、越後湯沢名物、へぎそば&舞茸天ぷらを老舗「中野屋」で。へぎそばは普通のそばよりかなり歯ごたえがあって、結構腹にたまる感じ。そばなんでとりたてて変わった味とかがする訳ではないです。舞茸はすげぇうまいよ。舞茸天ぷらはそばとの相性ばっちりだね。日光での借りは返した(※日光でも舞茸天ぷら&そばを食べる機会があったが、金を惜しんで諦めてしまっていた)。

昼食後、駅構内で日本酒を一杯空けて、顔を赤らめながら、最後の目的地水上に向かいます。

投稿者 shamuru : 05:12 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  上信越孤独旅行<佐渡島編>

上信越孤独旅行第二日目。
新潟→佐渡→新潟


朝一のフェリーに乗って、第三の目的地、佐渡島は両津港に到着。観光センターでレンタサイクルして、早速佐渡周遊にいそしむ。予定コースは、途中トキ園に寄りつつ、加茂湖を一周、そんで両津港付近で昼食を食べた後、海水浴場まで行って欲情する感じ。


加茂湖。


途中、道路で車に轢かれそうになってた亀を助けてみる。竜宮城で乱交三昧みたいな展開希望。


内地の田園風景。ぶっちゃけ、島ってゆうよりただの田舎。

 
トキ園到着。20m以内に近寄れないので、携帯カメラではこれが精一杯でした。写真左が、普通のトキで、右がクロトキです。

加茂湖を一周し終え、再び両津港に舞い戻る。時刻は丁度正午。ここでちょっと遅い朝ご飯をいただく。ちなみにこのときトイレのコンセントで携帯を充電中(トキ園を出発した直後、電源が完全にきれる)のため、写真はとれなかったのだが、港内のレストランでブリ丼をいただく。昨日のタラ汁に続き、二回目の旅行っぽい食べ物。つうか、これがべらぼうにうめぇ。値段も900円と他のメニューに比べお得。脂の乗った生魚はいいねぇ。
おなかもふくれたところで、海水浴場に向けて出発。ってゆうか、事前の天気予報だと降水確率50%だったのに、朝からかなりの快晴だし。炎天下の中、何時間も自転車をこぎ続けていたので、汗も半端ない。夏の海(゚∀゚)=3ムッハー


海への途中。HARAKURO町民とかいやだなぁ。

 
ぉ?なんつうか殺風景。ひといないし。なんか、海岸工事中とか書いてある。もともと佐渡でも一番小規模な海水浴場だったみたいだし、しかたないのかね。結局水浴びせずに帰りました。当然幼女もなし。


海に入れなかった事で、一気に疲れが出たので、予定より早く佐渡を後にする事にしました。佐渡での最後の晩餐に、つうかべつに夕飯ぢゃねーけど、両津港の商店街の甘味処からモノを仕入れ、港内のテーブルあり休憩所でまたもや一人で酒を飲みつつ、一服。


午後六時。新潟港到着。ここからひたすら歩いて、昨日探したのとは別の、駅から遠い方の漫画喫茶に向かいます。佐渡での移動が主に自転車だったため悪化を免れていた靴擦れのダメージが、一気に再発。
1時間ほど歩いて、ラーメン屋を発見。足を休ませるためにも夕食をいただく事にしました。「ののや」でからみそらーめんを食べて休憩。微妙な半熟風味のあじたまがうまい。でも900円は高いよ。
食後、足をがくがくさせてぎこちないながらもなんとか進む。そしてついに午後7時半、念願の漫画喫茶を発見!やっと休める。もう歩かなくていいんだ。ネットも、携帯の充電もできる!つうわけで、簡易ベッド付きの高級ルームで5h*2パックで夜を明かす事にしました。¥3,160。一息ついて、友人とMSNメッセで会話を交わし、その日は就寝。おやすみなさい。また明日もがんばろうっと♪

投稿者 shamuru : 04:51 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  上信越孤独旅行<北陸・信越本線編>

上信越孤独旅行第一日目後半。
糸魚川→親不知→直江津→春日山→新潟


十二時過ぎ。糸魚川に到着。計画通り、ここでお昼&お土産を購入。
駅からすぐそこのヒスイ王国館で糸魚川名物「おまんナこ」と地酒を数カップ買いました。朝食はサンドイッチを食べた程度だったため、ヒスイ峡・高浪の池を歩き回ったこの時点でおなかが鳴るほどの空腹感。せっかく日本海沿いの街にきたのだから、なにか海産物を食べようと思い、駅周りを歩いてみる事にしました。


糸魚川駅から直進徒歩五分、日本海。


なんかよくわからないが、奴奈川姫置いときますね。

で、なんつーか普段チェーン店でしか外食しない私にも入りやすいような、お手頃な店が見つからなかったので、結局駅近くにあったスーパーで糸魚川産のトマト1個と、おはぎを買いました。歩きつつ、腹を満たし、第二の目的地である親不知子不知に向かうことにしました。


午後二時過ぎ、親不知駅到着。見ての通り、小さな駅です。無人駅です。


親不知駅から西へ歩いて10分くらいのところにある親不知ピアパークで、昼食。タラ汁です。タラのぶつ切りがどばどば入ってます。やや塩味がきつめですが、味は普通のみそ風味の汁ってかんじかなぁ。(アルコール飲んでないけど、)アルコール摂取した後に飲むみそ汁級にうまい。


親不知から眺める日本海。親不知ピアパークには、海水浴場やヒスイ館も併設されています。しかし、私はそんなものには目もくれず、最も眺めが良いとされている親不知コミュニティロード・親不知記念広場から親不知の海岸を眺望するため、タラ汁を食べおえるや否や西に向かって再び歩き始めました。後に地獄が待ってようとは全く知る由もせず。

  
親不知な崖の風景。ピアパークから西へひたすら歩くうちに足が異常を訴え始めました。この旅行で履いてきた靴はまだ数える程度しか使用した事がなく、午前中の段階で両小指が締め付けられるような違和感を感じていたのですが、普段サンダルしか履かないから変な感じがするのだろう程度にしか思っていませんでした。しかし、親不知で数十分歩くうちに、両小指あたりに明らかに靴擦れが原因の痛みが走るようになりました。いつまで経っても広場らしきものは見えそうにないし、足の痛みは激しくなるし、どうにも気力が失せ始めると、ついに歩道が消えました。もともとこの辺りは人が住むような環境になく、崖を切り開いて無理矢理道路(北陸自動車道&国道8号)を造った事もあり、道路沿いに商店はおろか民家すらほとんどありません。しかも道路には大型自動車が多く通行します。人が歩くように道路が造られていないのです。確かに徒歩はおろか、自転車すら競技用自転車1台を除いて見かけませんでした。そういう状況から意気消沈していると、今度は目の前にトンネルが現れました。この瞬間僕は先に進む事を諦めます。つうか、今この道路を歩いている時点で、自動車側からしたら、危険で邪魔極まりない存在だったろうし。結局50分ほど歩いた後、引き返す事にしました。足を痛めたからか、時間をかけた割には進んでいません。帰り道は、しょぼしょぼと悲しく「親知らず子知らず」を口ずさみながら歩くのでした。教訓としては、親不知観光は自動車でしましょうってことです。徒歩でどうにかできる場所ではありません。この地名の由来は、「断崖と波が険しいため、親は子を、子は親を省みる事ができない程に険しい道である事」とあるそうですが、現代においても親不知の絶壁は漫遊人である私を拒絶するのです。



午後六時。直江津駅に到着。とりあえず、疲労困憊。


バスを使って、七福の湯へ。途中全く乗り降りもなく、乗客が自分一人しかいなかったのがなにげにすごい。明らかに、街の中心部を走ってるんですけど。
七福の湯はファミリー向けのスーパー銭湯的なところで、大勢のファミリー、カップルで満ち満ちていました。親不知でも感じたが、やっぱり車社会っぽい。宇都宮もそうだけど、こういう郊外系都市は車がなくては何もできないね。白湯、水風呂、蒸気風呂、ラジウム風呂、露天風呂、、、沢山あります。とりあえずいろんな風呂に入りました。あと、男湯に幼女をいれるお父さんはどうかと思う。
お食事処では、周りが9分9厘複数客で、楽しそうに盛り上がっている中、自分は一人で、かき氷、日本酒、たこ焼きをつつきました。隣の幼女が「なに?この寂しい人」みたいなかんじでこっちを見てました。はい、僕は寂しい人間です。食事後は、5分100円のフットマッサージ機を利用。初めてつかってみたけど、意外に心地よい。そりゃね、ずっと歩いてたしね。

七福の湯が想像以上の快適空間だったため、時刻は既に8時過ぎ。あまり長居すると、本日中の新潟到着が叶わなくなってしまうため、名残惜しくも、七福の湯を離れ、最寄り駅の春日山駅に向かいます。


午後9時。春日山駅到着。ここから直江津、長岡で乗り継ぎ、新潟まで一気に向かいます。

日付変わって、午前0時。新潟駅到着。宿泊予定地である漫画喫茶は駅南口から直進15分のところにあるらしい。温泉に入ったとはいえ、靴擦れが痛いのは相変わらずなので、できるかぎり最短距離で向かいたいのに、深夜のためか駅南口への連絡通路は閉鎖。迂回して駅を越える。
午前1時。漫画喫茶があるというあたりに到着。しかし、漫画喫茶が見えない。付近をぐるぐる。
午前1時半。みつからない。つうか、足が痛い。もう歩きたくない。諦めよう。じゃあ、どこで夜を明かそう。公園だ。公園を探す。
午前2時。今度は公園が見つからない。不幸な事に手持ちの地図には公園が表示されていなかったのです。深夜営業のカツ丼屋でひれカツ丼を注文し、一服。歩かない事がこんなに幸せなのか。
午前2時半。再び歩き出す。ってゆうかいつのまにか駅の真ん前まできてた。で、のぞみ公園を発見。DQNが複数人でたむろってたり、ベンチの上で先客が寝ていたりする、あまり好ましい環境ではなかったが、もう歩く気力もなかったので、僕もここで一泊する事にした。といってもベンチの上に寝転ぶだけなんだけど。これで、快眠かと思われたが、蚊が酷かった。ものの見事にかまれまくる。まったく眠れない。酷い。さんざんだ。くそう、早く明日になってください。そんなこんなで第一日目が終了したのでした。

投稿者 shamuru : 04:12 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  上信越孤独旅行<大糸線編>

上信越孤独旅行第一日目前半。
白馬→南小谷→小滝


早朝。ムーンライト信州の終着駅、白馬に到着。長野オリンピックの街だけあって、そこそこ栄えている感じ。駅も小綺麗。しかし、こんな早い時間では何もする事がない。駅だけ写真とって、さっさと北上。



乗り継ぎの関係で、南小谷駅で下車。ちなみにちょうどここまでがJR東日本管内で、これより北に行くとJR西日本管内になるらしい。

 
近くに川が流れていたので、時間まで散歩する事にしました。


 
朝八時。ついに第一の目的地、ヒスイ峡のある小滝駅に到着。
予想以上にど田舎な駅です。右は小滝駅のホームから撮った写真。当然無人駅で、少ないときは1日4往復しかされないんだって。

繁忙期の日曜は小滝駅からヒスイ峡・高浪の池まで無料シャトルバスが出ているため、それを利用。駅から車で20分くらいで到着します。

ヒスイ峡
 

 

 

 

 

 
写真右の白っぽい部分がヒスイの原石らしい。けっこう落ちてます。


高浪の池
 

 

 
池の近くの展望台から撮ってみました。変なマスクをしているのはプライバシー保護です。


シャトルバスの発着時間の関係上、ヒスイ峡・高浪の池ともに1時間くらいずつの散策でしたけど、両方とも歩ける範囲が広い訳ではないので、満足できました。ヒスイ峡に関してはもう少し奥地まで足を踏み入れたかったんですけどね。観光用に道が整備されている訳ではないので、仕方ない事です。無理して進もうとして、足を滑らせたところで諦めました。

投稿者 shamuru : 03:20 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月30日
 ■  上信越孤独旅行<番外編>

画像データを整理してたら、100枚超えてた。
リネームだけでも相当時間を使いました。
本文を書く気力に至っていないので、
ひとまず番外として今回の旅行で購入したお土産を紹介します。

  
 おまんナこ おまんナこ 
(,,・∀・)+ ゎーぃゎーぃ


道中、なにかにつけて買ってみた地酒たち。
半分以上は他人へのお土産用。
それでも、10本近く余るね。
誰か、スタジオさけパーティーしませんか?

投稿者 shamuru : 16:53 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月29日
 ■  旅のおわり
くるぶしから下がけっこうやばいですが、無事三日間に渡る長旅から帰還。旅のまとめは数日中にします。また明日から忙しくなる。旅のおわりは勉強のはじまりだよ。
投稿者 shamuru_mobile : 23:33 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  高崎駅
雨ふってます。めんどいから、吉野家でソースカツ丼食らって、帰ります。 関係ないけど、高崎JKすげぇ。単に欲求の問題かもしれんが。膝上15cm↑、むちもも、透けブラ。。。 さっさとこの地を離れたい。
投稿者 shamuru_mobile : 21:09 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  グランドフィナーレ
諏訪峡と水上駅の間にあるふれあい館では、無料でぁし湯につかることができます。ここで三日間にわたる長旅で疲れきった足を十分癒すのでした。 さて、旅ももう終り。乗り継ぎの関係で一時間弱高崎に滞在するを残すばかりです。夕飯は高崎で食べようと思うんだけど、いい店ないかな?
投稿者 shamuru_mobile : 19:20 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  水上駅 諏訪峡
群馬県水上に着きました。現在、諏訪温泉に向かって、諏訪峡遊歩道を散策中。水上は他の観光地と比べ、ぉにゃのこおんりぃグループが多いので、精神的にも肉体的にも癒されます。みんなレズればいいのに。
投稿者 shamuru_mobile : 16:27 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  越後湯沢駅
駅から徒歩10分のところにある、駒子の湯につかってきました。昨日はあれだけ汗をかいたのに、風呂に入れなかった分、素晴らしい湯船を感じることが出来ました。 そして、お昼は越後湯沢名物、へぎ蕎麦&まいたけ天ぷら。\2,190です。値段相応に量も多いです。てゆうか蕎麦は二人前です。へぎ蕎麦は偶数人前単位でしか売ってないのです。 あと、駅にニッタクの3スターの箱を含む荷物が置いてありました。どこの卓球部ですかね?
投稿者 shamuru_mobile : 14:20 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  長岡市
やや早めに長岡駅到着。出発時はかなり強い雨で、これからが心配されましたが、現在長岡は結構な快晴。 乗車が、丁度通学時間帯と重なったらしく、長岡駅では大量の美味しそうなJKの蒸れに遭遇、劣情が呼び覚まされた様な、そうでないような。 この時間だと店も開いてないため、てもちぶさたです。しかし、今までひたすらストイックに体を動かし続けてきたので、ここでは適当に休みつつ、記念館か資料館みたいなところで、最低限文化的な観光行為を実践してみたい。
投稿者 shamuru_mobile : 08:29 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  脱 漫喫
これから再び一時間歩いて新潟駅に向かいます。次の目的地、長岡へは0830到着予定。 靴擦れが激しいので、今日はスーパーで昨夜購入したスリッパで歩きます。明らかにサイズは小さいけど、擦れない分全然ラクっぽい。
投稿者 shamuru_mobile : 05:44 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月28日
 ■  二日目終了
駅から一時間近く歩いて、昨日探したのとは別の漫画喫茶につきました。簡易ベッド付きタイプのため、10h\3,000↑します。だらだら。
投稿者 shamuru_mobile : 19:58 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  佐渡最後の晩餐
佐渡まで来て、なんでこんなもんくってんだよってかんじですね。遅い昼メシです。左から、町のケーキ屋「アモーレ」で買ったロールケーキ、町の和菓子屋「しまや」で買った豆大福に佐渡地鶏ひげ卵使用焼きプリン、佐渡牛乳、地酒で有名な北雪酒造製造NOBUビール。
投稿者 shamuru_mobile : 14:21 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  住吉海水浴場
海岸工事中、、、らしい。こんなんなら昨日のうちに親不知海水浴場に行くべきだったか。
投稿者 shamuru_mobile : 13:00 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  佐渡です
昨日は結局公園で夜を明かしたりして、大変でした。おかげで携帯の充電もできず、投稿もままなりません。現在、佐渡のとある公園内トイレで充電してます。 ではこれから海水浴場にでもいってみようか。汗かきすぎたから、それだけでも流したい。
投稿者 shamuru_mobile : 12:29 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月27日
 ■  直江津市
温泉(スーパー銭湯)さいこお!いろんなお風呂も楽しめるし、幼女の裸(ぉもみれるし。今日一日の疲れが全て吹っ飛んだよ。
投稿者 shamuru_mobile : 19:44 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  親不知子不知
うまくことは運ばれない。 親不知駅を降りて西方へ向かうも途中で歩道が消え、ついにトンネルが出現したところで断念。親不知コミュニティロードからの眺めを実感したかった。
投稿者 shamuru_mobile : 16:10 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  ヒスイ峡・高浪の池
白馬駅から大糸線を北上、小滝駅で下車し、ヒスイ峡・高浪の池に寄りました。ものすごい快晴です。ずっとこんな天気だったらいいのに。 写真は高浪の池展望台より。
投稿者 shamuru_mobile : 12:51 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  ヒスイ峡・高浪の池
白馬駅から大糸線を北上、小滝駅で下車し、ヒスイ峡・高浪の池に寄りました。ものすごい快晴です。ずっとこんな天気だったらいいのに。 写真は高浪の池展望台より。
投稿者 shamuru_mobile : 12:36 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  白馬到着!
とりあえず全然眠れんかった。(-.-;) 折角ぉとなりさんが空席だったのに、良心のカシャクを感じて、彼岸に上半身を投げ出せなかったよ。 いきなりこんなんで三日間も体がもつかな?
投稿者 shamuru_mobile : 06:01 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月26日
 ■  出発だよ☆
現在ムーンライト信州@新宿 残念ながら、通路側の席でした。それでは行ってきます。
投稿者 shamuru_mobile : 23:52 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  出立準備

 ついに新潟旅行の日です。日またぎ旅行は学校行事でも部活行事でもないプライベートでは生涯初めて、、、の筈。計画練っていた時間は本当に楽しかった。実際の道中も同じくらい楽しくある事を望みます。いきあたりばったりといいながら、(乗り継ぎの関係上)結構スケジュールを固めてしまいました。
27日 午前 ひすい峡
    正午 糸魚川駅で昼食
    午後 親不知で海岸を臨む 夕食
    夜  直江津 七幅の湯で疲れを癒す 夕食 地酒
    深夜 新潟駅着 漫画喫茶で夜明け?
28日 早朝 カーフェリー 両津港へ
    午前 レンタサイクルで両津港半径15km圏内観光 トキ園
    午後 天気がよければ住吉海水浴場
    夕方 両津港周辺で夕食 地酒
    夜  カーフェリー 新潟港へ? →佐渡が居心地よければ佐渡野宿かも
    深夜 新潟駅 漫画喫茶で夜明け
29日 午前 長岡駅 観光 or カーフェリー 新潟港へ
    正午 越後湯沢駅 温泉 地酒 or 長岡駅 昼食
    午後 水上駅 諏訪峡 or 越後湯沢駅 温泉 地酒
    夜  高崎駅 夕食 or 水上駅 諏訪峡
    深夜 上野駅着
 目標
・カップ地酒を1日1瓶
おまんをたべる
・新潟の女子高生もたべる
・金に糸目はつけない
・泳げないのにきもおたひとりかいすいよくじょうでようじょによくじょう
・親不知で合唱の名曲「おやしらずこしらず」を口ずさむ
・恋人岬には絶対に立ち寄らない
・落ちてるひすいを拾う
・「東アジア戦略概観」を読了
・「政策分析」レポートの骨子を確定

 半分くらいは達成したい。旅行中の更新は最初で最後(?)のmoblogでちょくちょく行う予定。

 御殿下でシャワー浴びたついでに、時間つぶしに自習室で読書しようとしたら、ものの5分で熟睡。ムーンライトでちゃんと眠れるか不安(´・ω・`)

 つうか、28,29日新潟県は降水確率50%以上だって。どうゆうことよ。運が悪すぎる。(´;ω;`)ウッ…

投稿者 shamuru : 14:21 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月25日
 ■  高尾山登山

 1日遅れですが、昨日浅間山登山の予行なノリで高尾山に行ってきました。所詮標高600m以下とかなり舐めとった訳ですが、結論から言うと予想以上に普通の山でした。おもいっきし登山した感じがしてます。

 で、京王高尾山口に正午前に到着。自分は登る前にとりあえず1食のつもりだったが、連れの反対に遭い、まずは頂上まで登る事に。ちなみに自分は普段履き慣れないサンダルではない靴を履いたために既に両くるぶしが靴擦れ。しかもいきなりビールを一本空けてしまう。適当すぎる。
 登山コースは自分の希望で6号路に。このコースは中腹にびわ滝があり、かつ道が全く舗装されておらず登山に近い体験が可能とのこと。そんなこんなで出発。


 これがびわ滝。日光のようなとは行かないまでもそこそこの水量の滝を期待していたが、実際は丁度人独り打たれるくらいの小さな滝でした。自分が写真を撮っている時、神社関係の女の人が塩をもって滝近くの小屋に入っていったので、丁度滝に打たれようとしていったのかもしれません。


 こんな登山道を90分かけて登っていきました。



 ついに頂上に到着。こんな景色が広がっていました。
 山頂に食事処があったのでそこで高尾山名物とろろそばを900円で食べる。たけぇ。しかし、山頂で食べるそばはうまい。あと、ビール飲んだ後、水ももたずに登山したもんだから相当のどが乾いてしまっていた。水がべらぼうにうまい。浅間山の時は重くても最低2リットルは水を用意しておこう。
 下山は道が完全に舗装された1号路を使用。工事中でトラックがめっちゃ走ってた。とゆうか、1号路は車のための通路で、人間のためじゃねぇとゆうのがわかった。
 途中、薬王寺で恋愛おみくじをしてみる。結果はこれ。

 中吉。魚座でO型な少し年の離れた身近な女性がいいらしい。うーん、身近にそんな女性はいないのだが。そのうち合コンとかあって、たまたま自分と同じ魚座でO型の自分より5歳程度年下の女子高生なんかと意気投合するのだろうか。
 中腹(リフト乗り場)で北海道山ソフトクリームを食べ、たこ杉を写真に撮ったりしつつも、帰りは一気に駆け下りる。

たこ杉。変な形をしていらっしゃる。


みのむしを見つけた。

 1時間強で下山。さすがに疲れて、甘いものが食べたくなったので、お茶屋で冷やし甘酒&酒まんじゅうを食べる。冷やし甘酒は初めての経験だったが、画期的なおいしさだった。どういう製法なのかがよくわからん。ただ単に甘酒を冷やしたのではなくて、一度凍らせているっぽい。シャリシャリしてた。そして再びメインディッシュ。そばの時間。今度は山菜そばにとろろご飯を注文。1,260円。高いが、やはりうまい。山菜ウマス。
 午後四時半。ついに高尾山を発つ。充実した登山だった。幾つか教訓も得たので、浅間山の予行としては十分すぎるほど。浅間山がより楽しみになりました。しかし、さすがにもうちょっと体力を上げるべきかもしれない。。。

追伸 帰り、山手線高田馬場駅で爽やか系甘ロリ少女をホームで見かける。カワユス。[リンク先はイメージです]

投稿者 shamuru : 19:37 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  その時、官僚は動いた

 なんか今年からまた新しい企画を人事院が実施するみたい。霞ヶ関OPENゼミ。九月の段階で官僚志望の学生を本省に呼んで説明会を開いてくれるみたいですよ。酷位置もいい人材に入ってもらいたいと必死なんですね。自分は全くお呼びでないと思うけど、冷やかしにいってみようかな。詳細は、防衛庁外務省厚生労働省税関etc,,,
 9/28,29には人事院主催の省庁説明会が東大であるみたい。感じとしては特に関心のある省庁二つくらいはOPENゼミに参加して、周辺的な関心のある省庁は人事院の説明会を聞きにいくというかんじか。省庁ごとの雰囲気が知りたいから、説明会にはできるだけ多く顔を出したい。
 あと、リクナビで武田薬品工業株式会社の1日インターンシップ申し込んできました。自己アピールはいつも同じ事しか書いてない。「民間企業がどのような公共的役割を担っているのか、またはどの程度担えるのか関心がある」これだけで数百字は稼げるから重宝するし、実際その通りなんだけど。

投稿者 shamuru : 11:28 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  蒸し暑い

 昨日の件は、どうやら郵便局の保管期限が切れたため差出人に返送されたという事らしい。@niftyサポートに電話で確認したところ、返送が確認され次第、再発行を行うとの事。とりあえず、安心。
 で、尼でFF3(DS)を購入。発売前は評価がよろしくなかったけど、実際プレイした感想はそこそこ肯定的だった。9月はFF3で息抜きしよう。つうかこれが初FF。

投稿者 shamuru : 10:20 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月24日
 ■  トラブル?

 帰省や旅行が立て込んでいたために、ADSL契約に際して発行される15,000円のキャッシュバックが、先月末に発送されていた事をすっかり失念していた。今日、突然その事に気づいて、早速プロバイダの発送メールから郵便書留の追跡番号を確認し、郵便追跡サービスを使って、現在どうなっているのか調べてみた。
 すると、何度かの不在&持ち戻りを経て、身に覚えのない配達希望受付が8/11にされていて(自分の携帯電話の発信履歴に8/11に郵便局にかけた記録はないし、着信履歴も同様)、8/14午前(ちょうど僕が宇都宮から東京に向けて出発した頃だ)に、受け取った事になっている。しかも担当が品川郵便局らしい。
 どうも判然としない。配達希望受付がされる前は本郷郵便局が保管していたのに、なぜ自分の住所から明らかに離れている品川郵便局にうつされたのだろう?そしてなぜ自分が東京からはなれている間に受け取りが完了しているのだろう?
 今日はもう遅い時間だからしょうがないとして、明日郵便局に電話してみようと思う。15,000円の損失は大きいよ。

投稿者 shamuru : 19:11 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月23日
 ■  旅行とか

 今週土曜出発で新潟に行く事が決定。ムーンライト信州の指定席券買ってきた。基本行き当たりばったりなんだけど、糸魚川周辺に関しては幾つか行ってみたいところがあるので、ウェッブページを印刷してしおりみたいのを事前に作っておこうと思っていたのだが、(数日前からずっと)なぜかプリンタの調子が悪く印刷できない。これは市販のガイドブックっぽいのを買わないとだめかもしれんね。こーゆー時、フルブラウザ対応携帯&パケット定額が羨ましいな。

投稿者 shamuru : 14:04 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  音声通話

 初めて音声チャットしてみました。使用IMはMSNですが、MSN for Macは音声チャットに対応してないので、Boot CampでWinを起動して、MSN for Winから通話。ヘッドセットはUSBタイプを使用。Macminiはマイク用ジャックがないのです。
 最初、うまく動作するか、音質はいかほどか不安だったけど、予想以上に快適な通話でした。時折、ザッ!って雑音が入るけれど、基本音質はクリアで電話よりむしろいい。常時接続環境では通話料もかからないのもすばらしい。今日は2時間以上喋ったけれど、これが携帯電話だったら、通話料金3,000円くらいは行くはずだし。

投稿者 shamuru : 00:28 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月21日
 ■  ([[[[[)<

 今日の時点で携帯通話料4,000円越え。パケット代も1,300円程度。いつもは携帯で要らない機能=通話とかいってるくせに、たまに電話を使ったかと思うとこんな状態か。つっても自分から電話かけた訳ではなくて、相手から最初にかかってきて、長くなったからこっちからかけ直してくれないかといわれ、かけ直したらそのまま1時間以上話してしまったとゆうかんじなんだけど。学割を適用すればいくらか安くなるとは思うけど、それでも今月の携帯代は5,000円は覚悟しないとだめか。
 今日は尼から「東アジア戦略概観2006」と「歌でおぼえる古典文法文学史」が届いた。別に古典を勉強し直そうという訳ではない。ただ河原木しーぽんの歌を聴いてみたかっただけだ。しーぽんはぇろい娘だから、想像しただけで鼻血がでそう。。。
 つうかあれだ、なんかむしゃくしゃするので、99行ってポテチ5袋くらい一気食いしてきます。

投稿者 shamuru : 21:58 | コメント (2) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  自己紹介

 最近、googleとかの検索エンジンでこのblogがひっかかるようになってきたので、ちょっと前まで飾ってあった100の質問を改訂して基本的な自己紹介として再戴させていただきます。

######
01. 名前をお願いします。 しゃむる。謝無留。shamuru。
02. 身長・体重はいくつですか? 170センチ、60キロ。
03. 出身地はどこですか?  栃木県宇都宮市。
04. 職業は何をしていますか?  UTK→UT→GraSPP。
05. UT時代の専攻はなんですか?  近代西洋史。
06. GraSPP時代の専攻はなんですか?  経済学。
07. 取得している資格、免許を教えてください。 普通車AT限定。
08. 姉妹はいますか?  妹がいます。脳内ではないです。
09. タバコ、お酒はやりますか?  酒はすこし飲む。タバコは嫌い。
10. ギャンブルはしますか?  ギャンブルとは人生そのものであり、僕はそんなギャンブルから逃げています。
11. 趣味はありますか?  卓球。アニメ、声優、ゲーム。
12. やっぱり二次元オタですか?  二次元が好きです。
13. 犬派ですか?猫派ですか?  どちらも好きだが、どちらかといえば猫派。
14. 自分の体で自慢できるところはありますか?  左肩甲骨に良性の腫瘍あり。
15. 体毛濃いですか?  膝、ひげがやや濃いめ。
16. 目はいいですか。メガネかコンタクトしてますか?  健康体の1/100の視野。眼鏡とコンタクトは半々で着用。
17. 自分の顔に点数を付けるとしたら何点ですか?  九段階評価で下の下か下の中。
18. もう一度鏡を良く見て答えてください。どうでしたか?  ごめんなさい、下の下です。もう自分を美化しません。
19. 一番イケメンが憎いと思った瞬間はいつですか?  sex free。
20. どのくらいの頻度で床屋(美容院)に行きますか?  三ヶ月に一回。
21. 服や身だしなみに月、または年にいくら使いますか?  年額二万円くらい。
22. そのセンスを10段階で自己評価すると?  2くらいだとおもう。不快感を与えるレベル。
23. 一週間に何回風呂に入りますか?  シャワー週5回くらい。風呂なら0回。
24. あなたが触っているそのキーボードやマウスは脂ぎってる?  指先はそう不潔ではないです。
25. あなたが持っている物で一番高価なものは?  Intel Macmini。
26. 子供のころのあだ名はなんでしたか?  たら。(たらこ唇だから)
27. やめたいのにやめられないこととかあります?  童貞。
28. 1日に2chをみている時間はどのぐらいですか?  一時間から二時間。
29. モテない男性板は見たことがありますか?  ない。
30. ネガティブですか?ポジティブですか?  超ネガティブ。
31. 職場、学校など周囲に女性はどれくらいいますか?  ごく少数おります。
32. 女性に話し掛けたことはありますか?  自分からはまずないです。
33. 女性に話し掛けられることはありますか?  事務的用件でなら、何度かはあります。
34. 携帯に女性の番号・アドレスはいくつ入ってますか。  母親と妹のみです。
35. 携帯に男性の番号・アドレスはいくつ入ってますか。  70件くらい。
36. 女の知り合いは何人ですか?(知り合いの定義は、街ですれ違ったら会釈は交わす間柄) 部活の同輩で3人。
37. 女の友達は何人ですか?(友達の定義はメールのやり取りがあるか、街であったら話しかける間柄)  確実に0人。20余年の人生で0人。
38. 男の知り合いは何人ですか?(知り合いの定義は同上) 東京で会う可能性があるのは、50人とか?
39. 男の友達は何人ですか?(友達の定義は同上) 20人くらい。
40. 恋愛対象は何歳から何歳までですか?自分の年齢と一緒に書いてください。 13ー(自分が22)ー30としておこう。上限は微妙。
41. 初恋は何歳のときですか?  12歳。
42. 告白した、されたことはありますか?  ない。
43. 一応聞きますが恋人がいる、またはいたことがありますか?  ない。
44. もちろんすぐダメになりましたよね?無い人はきっと出来てもすぐダメになりますよね?  i think so。
45. 彼女いない期間の最長は?  22年。
46. 合コンはしたことありますか?  ない。
47. ある人は感想を、ない人は理由を書いてください。  つまらない人間だから。
48. 出会い系サイトを使ったことはありますか?  ない。
49. ある人は感想を、ない人は理由を書いてください。  金がかかるし、メール無精な私には合わない。
50. ナンパはしたことありますか? ない。
51. ある人は感想を、ない人は理由を書いてください。  女性に話しかけられない。
52. 出会い自体ありませんよね?  i think so。
53. 女の子との思い出でいちばん楽しかったことは?  コミケ会場でみた清水愛さんは美しかった。
54. 女の子との思い出でいちばんツラかったことは?  あーきこえなーい。
55. 今まで一番女性に喜ばれた、感謝された出来事は?  そんなことあるわけない。
56. 今まで一番女性に嫌われた、迷惑がられた出来事は?  私が存在している、それだけで実に不愉快なことらしい。
57. 女の子と2人で出かけたことはありますか。 ない。
58. じゃあ複数ではどうですか。 ない。
59. 初デートはどこへ行きましたか?未経験の人はどこへ行きたいですか?  ねずみーらんどか、ねずみーしい。あと科学技術館にも行きたい。
60. バレンタインで母親以外からチョコを貰った事はありますか?  部活の同輩から部活の男子一同へ。
61. どんな容姿の女性が好みですか?  ゴスロリを愛し、そしてゴスロリが似合う娘。
62. どんな性格の女性が好みですか?  キモオタを蔑視しない娘。
63. 容姿・性格。どちらかといえば重視するのは?  性格。
64. 女の子を見るとき最初にどこを見ますか?  髪の毛。
65. 好きな子のウンコ食えますか?  食べません。
66. 女の子に恋愛経験を聞かれたらどう答えますか?  身も心も童貞です。
67. もしいきなり可愛い子に告白されたら付き合いますか?断りますか?  据え膳は食べます。
68. 街で昔の同級生の女性を見かけました。どうしますか?  そのまま見送る。
69. チャンスがあると仮定して、浮気・二股もできる?  できない。甲斐性なしだから。
70. セックスフレンドと女友達と彼女、今一番欲しいのは?  女友達。
71. あと何年彼女ができなかったら諦めますか?  もうあきらめかけてるけど、しいて耐えるなら8年。
72. もし彼女が出来たら、まず誰に報告(自慢)しますか?  妹か、友人。
73. 彼女が出来たとして、その女性を幸せに出来ますか?  そんな自信があったら、今頃彼女の一人くらいおります。
74. もちろん童貞ですよね?  いえす。
75. じゃあ素人童貞ですか?  いえす。
76. どちらでも無い方は人数と回数を自慢してください。
77. エッチしたい度何%?  19%
78. これまでに風俗でいくら使いましたか?  0円。
79. 初体験の体位は何でしたか?また童貞の人は何が希望ですか?  騎上位だったら、自分は楽そうだ。
80. してみたいエッチはありますか。普通のエッチの経験の有無は問いません。 ゆうか、sex自体はどうでもいい。
81. 何フェチですか?  ふともも、にのうで。
82. 包茎ですか?  やー。
83. コンドームつけれますか?  ないん。
84. オナニーの頻度はどれくらいですか?  週に数回。
85. オナニーのおかずは何を使いますか?  .avi, .wmv ...
86. 中学生美少女が誘ってきたら、法を犯してもセックスしますか?  します。
87. 小中学生のセックス経験率が増加していることについて一言どうぞ。  自分もそんな流行に乗りたかった。
88. もうつきあえれば男でもいいやって思ったことはありますか?  ありません。
89. やらないか?  やりません。
90. 一つだけスゴい能力が手にはいるとしたらどんな能力がほしいですか?  女の子に気軽に話しかける能力。
91. 宝くじで1000万円が当たりました。何に使いますか?  奨学金の返済、学費の支払い、生活費の確保、親への援助、あとは貯金。
92. 自分がモテない理由を三段論法で解説してください。  性格が破滅的(内面)であるがゆえ→負のオーラ(外面)がにじみでており→モテない。
93. 今のモテない自分を作った一番最初の出来事はありますか?  気づいたらネガ男だった。
94. 自分に不足していると思うものはなんですか?  正のオーラ。
95. 貴方が駄目人間なのは親のせいだと思いますか?  なぜそこで他人が出てくるのかわかりません。
96. 今幸せですか?  よくわかんない。
97. 前世も喪男だったと思いますか?  前世はわかんない。
98. 来世も喪男だと思いますか?  来世もわかんない。
99. ここまで答えてみて何か打開策は見つかりましたか?  もうわかんない。
100. お疲れ様でした。今の気分はいかがですか。 なんだかわかんない。とりあえず、鬱。

p.s. ご質問はこちらまで。しゃむる@gmail.com!

投稿者 shamuru : 14:21 | トラックバック | タグ: No tag
 ■  テスト
小旅行に向けて、リアルタイム更新を可能にするために、moblogの設定をしてみました。うまくエントリーできてるかな?
投稿者 shamuru_mobile : 14:03 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月20日
 ■  しょうもない計画

 読書もせずにずっと小旅行について考えていた。旅の目的は、見ず知らずの土地にとりあえず行ってみる事。旅行ではないが、学生時代は部活の遠征で、北海道、東北、東海、関西、中国、九州は鈍行で踏み入った事がある。つまり、北信越、四国、沖縄あたりが自分の中で穴になっている。浅間山もその関連で行こうと決めた訳だが、いかんせん浅間山は長野と群馬の県境にあり、まったくもって「北」でも「越」ではない。四国、沖縄は離島で行くのにコストがかかりすぎる。やはり、ここは北信越を何日かかけて旅するのが妥当のような気がした。
 そこでJR時刻表や市町村のウェッブページを参考に軽いプラニングをしてみた。

初日
ムーンライト信州に乗り、新宿から一気に白馬へ。
白馬到着は早朝六時。散歩しながら白馬の自然を満喫。
大糸線を北上しつつ、昼頃には糸魚川へ。
おやしらずこしらずを見に行ったり、翡翠の産地を覗いたり、糸魚川周辺を満喫。
夕方、直江津に向かう。適当に夕飯を食べて、日本海を臨む船見公園で野宿。ホームレスたちのたまり場でない事を望む。

二日目
フェリーで佐渡島へ。昼過ぎ、小木港到着。
バスで両津へ。できたらドンデン山に登りたい。
適当なところで野宿。

三日目
早朝、フェリーで佐渡脱出。新潟到着。
長岡、高崎を経て、一日かけて東京に帰還。

 全然知らない土地に行くだけあって、何が観光名所なのかよくわからん。だれか、新潟県でおすすめの観光スポットとかあったら教えてください。でも声優生天目仁美の故郷でもある佐渡は一度いってみたいと思っていたので、そこそこいい計画なんじゃないだろうか。問題はいついくかだけど。あと18切符も入手しなきゃ。このプランだと二日分しか使わんのよね(佐渡にはJRはない)。

投稿者 shamuru : 23:07 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  体力減退

 今日は読書があまり進まん。とりあえず、「Military Organization and Society邦訳版」と「The Unadjusted Girl」の社会学系の文章を読み始めたんだけど。安全保障の本筋からははずれるし、流し読みに徹するか。

 明日以降のこと。読書はとりあえず続けるとして、最近18切符5日間東北の旅に出かけたり、ヒッチハイクで九州向かおうとしているやつを周りに見るにつれ、自分の人間としての小っささを感じている次第。旅だ!一人旅だ!とか抜かした挙句、結局はほとんど地元同然の日光日帰りや、自宅から自転車でいける距離にある博物館に行く程度。今日に至っては、本郷キャンパスから出てもいねぇ。高尾山だって半日でそば食うだけだし、浅間山も24時間程度しかかからない。ニュースでこの夏休みに海外旅行に出かけた日本人は約250万人といっていた。それを考えれば、自分みたいな小市民には日帰りトリップがお似合いかとも感じるが、いやしかし、かつての七帝戦みたいな野宿の旅がやっぱり自分らしいとも思う。こんな風にうだっている間にも恐怖の9/10(18切符の使用期限)が近づいている。なんかいい案思い浮かばんだろうか。

投稿者 shamuru : 18:10 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  館巡り三日目

 今日の避暑地は、東京大学総合研究博物館。特別展示「標本は語る」をやっているということで、行ってみました。近代分類学の創始者リンネは、私の卒論に大きく関るところでもあったし、あとホルマリン漬け生物とか動物の骨とかみたいし。
 展示は鉱物植物動物の三つのパートに分かれていて、それぞれたくさんの標本が展示されてました。鉱物は、ただの岩っぽいのも多かったけど、何気に栃木県産もあったりして満足。予期せぬところで、人生でこれほど大量の貝殻を目の前にしたことはないってくらい、貝がすごかった。新規収蔵展示「サンゴ礁の貝殻展」のおかげ。ホルマリン漬けは、大きいのでイグアナとかありました。体長1m弱くらい?魚とかいっぱい。電気うなぎいたよ。骨はバンドウイルカが迫力あった。つうか、あたりまえだけど骨だけだとずいぶんと印象が違うね。皮かぶってるのがいかに大事かってことを思い知らされた。
 しかし、なによりも若い男女のカップルがいないことは精神衛生上とてもすばらしいことだ。

投稿者 shamuru : 14:36 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月19日
 ■  目黒寄生虫館

 今日は目黒区にある世界で唯一の寄生虫博物館、「財団法人目黒寄生虫館」に行ってきました。

 これが入り口。目黒駅西口を出て、目黒通りを西に500mほど進み、目黒川、山手通り、大鳥神社を越えたすぐ先にあります。
 建物自体はあまり大きくなく展示面積は1,2階合わせて普通のコンビニくらいだとおもいます。沢山のホルマリン漬けの寄生虫やバネルが展示されていました。


かの有名な回虫です。とりあえずこれだけは写真を撮ろうと思ってきました。これとは別に8m級の回虫も展示されていました。


衝撃。ネズミに巣食う寄生虫エキノコックス。ほとんどのホルマリン漬けされた宿主は完全に脱色されていたのに、これだけは色が残っていたからなおさら生々しいです。


どこぞのRPGにモンスターとして出てきそうなかんじ。アニサキスおそるべし。

 そんなこんなで本当に寄生虫オンリーな空間でしたけど、なぜか来客の半分は若い男女のカップルでした。館に入った瞬間、目の前で数組のカップルが楽しそうに寄生虫観賞しているのを見て、ほんとに悲しい気分になりました。

女「なにこれー。この人おちんちん(注:正しくは、陰嚢)すごいおっきいよ。きんもー☆」
俺「ああ、それはそこにも書いてあるけど、フィラリアに寄生されて発症した陰嚢水腫だね。おちんちんはまーある程度はおっきいほうがいいかもだけど、さすがにこれはぐろいよねー。多少小さくて火星だけど、なんの病気も無い俺の息子ってやっぱ最高じゃない?」

 こんな妄想が頭をよぎりました。また明日も感性の赴くままにどこぞの館を訪ねよう、、、

投稿者 shamuru : 15:59 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月18日
 ■  ゆうごはん

 冷蔵庫を開けてみると、賞味期限が一週間以上前の豆腐があったので、これをどうにかして夕食にしよう。生卵も1個だけ残っていたので、炒り豆腐っぽいのがいいかもしれない。でもさすがに豆腐一丁だけでは夕飯にしてはかさが足りないなぁ。そうだ、小麦粉も混ぜて水増し入り豆腐にしよう!ナイスアイデア。
 ボールに小麦粉と、水を適量。さらに卵1個と豆腐一丁、調味料を加えてかき混ぜる。混ざったところで、フライパンに流し込み、焼いてみる。ってゆうかこの時点で入り豆腐ではない。豆腐主体のお好み焼きっぽいかんじ。しかし、豆腐の割合が高すぎるのか、うまく固まらず、結局最後は形を崩して皿にぶちまけた。
 ちょっと食べてみたが、味が薄かったので、しょうゆと鰹節をかけて何のために焼いたのかわからないような食べ方でいただいた。しかし、思ったほどおなかは膨らまなかった。ちょうどテレビを見ていると、ラーメン特集をしている。急にラーメンが食べたくなった。
 さすがに食べがけに行くのももったいないので、二時間ほどの小休止を経て、駒込のよってこやに初めて行ってみた。濃い味を食べようと思っていたが、メニューに辛味とんこつの赤屋台味ラーメンとゆうのがあったので、暑苦しい夜に最適だと思い、注文してみた。半熟煮卵付けて800円。そういえば僕は辛いのが好きだったはずだけど、ここしばらくそういったのをまったく食べていなかった気がする。予想以上に辛くて完食するのに苦労した。つうかスープを飲むのに必死であんま味覚えてない。麺は好みの細で、チャーシュー煮卵は那美以上といったところか。なんか、餃子半額券をもらったので、次回行く機会があれば、そのときは普通のとんこつを頼もう。まーしかし、とんこつ好きーにとっては千石自慢のほうが絶対おいしいと思うが。

投稿者 shamuru : 21:39 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  猛暑

 読書ばかりでも飽きるので、ラウンジに広告ってあった上野のくにたち博物館に行ってみようと思い立った。距離的にも学校からチャリで10分かからないだろうと思ったていたが、案の定道に迷って20分近く炎天下の中彷徨った。
 ちなみにキャンパスメンバーズとやらのおかげで常設展は無料で観覧できる。団扇片手にダルサン・アロハの格好で見て回った。何の下調べもせずにいったんだが、たまたま「博物館の動物園」という特集陳列をやっていて、正直仏さんの顔なんて所詮人間、見てても格別面白くもねーとか思っている私は心の中でわんわんっ!わんわんっ!みたいに小躍りをはじめた。ああ、女の子と一緒に博物館に来ちゃったりして、「みてみて!こっちにわんわんがいるよ。」とか「奇形のお馬さんだ!」とか言ってはしゃぐことが出来そうにもないのが本当に悔しく、そして悲しい。チャイルドプレイがしたい。
 その後、おみやげやで出会った、はにわんわんに僕は一目ぼれしたわけだが、財布の中には残念ながらはにわんわんを買春できるほどの余裕はなく、しかたなしにはにわんわんがプリントされたトートバッグ(1,575円)を購入し、くにたち博物館を後にするのだった。

投稿者 shamuru : 15:37 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月17日
 ■  社会科学系読書

060817.jpg
 大学生の時分までは、(指定教科書を除けば)1,000円未満じゃないと読む価値もない(とゆうか基本四桁は贅沢品)と思っていて、ブックオフ巡りが趣味になっていたけど、高校生まではまったく関心のなかった社会科学系の本とかもそこそこの量を読み込んでいくうちに、人文科学に比べ社会科学における私の関心がかなり狭いというのもあって、次第に"あたり"に遭う確率が下がっていった。
 後期過程時代はひまになると駒場書籍部をよく覗いたものだが、これは読んでみたい!と思っても裏表紙に定価云千円とか書いてあるとそれだけで萎えてしまうのであった。大学四年になってからは卒論があったので、社会科学系の本に金を出す余裕はなかったが、その分、卒論執筆のために散財しまくった。テーマから洋書中心になることはわかっていたので、事前にバイトで卒論代として約10万円用意した。実際コピー代含め、7,8万使った。さて、そんなこんなで卒論のおかげで、書籍購入の敷居がかなり低くなった。今や贅沢品の壁は3,000円くらいらしい。そして1,000円弱の新書文庫の類はなんと衝動買いできるまでになった!
 長い前置きになったが、今日また本を買った。駒場時代に書籍部で見つけて読んでみたいと思ったものの、高くて買うのをためらった、ナイの「国際紛争」。2,500円程度にためらってたあの頃はさすがに大学生としてあまり健全とはいえなかったというのを、本郷の書籍部で5万円近くの書籍をきらきらなクレジットカードで支払っていた法学部(院?)生をみて最近感じた。さすがにそのレベルには一生到達し得ないが、大学院生として健全な読書生活を送りたいと思う。

投稿者 shamuru : 22:27 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月16日
 ■  Win on Mac

Boot Camp β 1.1が配布されていた。
何が変わったのか不明瞭だった1.02と違って今回はいろいろと改善されている。
例えばヘッドフォン端子や無線LANが使えるようになっている。詳細はこちら
早速インストールしてみたが、確かにヘッドフォンから音が聞こえます。無線LANも使えるみたい。ご近所に無線LAN環境があるのだろう、二つほどアクセスポイントが検出されました。

Parallels Desktopも先日β版が配布されたみたいですが、こちらはMac板のすれを見る限り、β相応に環境によってはいくつか不具合が出てるらしく、ダウンロードだけして回避。Parallelsに関しては現状に不満はあまりないので、正式版が出てから導入します。

投稿者 shamuru : 19:13 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  エニアグラム診断

あなたの診断結果は……
値の多いところがあなたのエニアタイプの候補です。

注1:一番値の高いところがあなたのエニアタイプとは限りません。値が高いところのタイプ解説を読んでみて、自分にしっくりくるエニアタイプを選択してください。
注2:エニアタイプを選択するときは、自分の希望や願望は除いてください。
######
type1 30%
何事においても完璧を期し、常に公正と正義を心がけています。

type2 40%
困っている人には救いの手を差し伸べずにいられません。

type3 10%
成功することが最も好きで、成功のために手段を選びません。

type4 70%
ユニークで創造的、独創的で何よりも感動を大切にします。

type5 60%
賢く、慎重で自分をよく知っています。

type6 70%
何事に対しても忠実、誠実な人。

type7 30%
苦しい時でも楽天的に考え、いつも明るく陽気に振る舞います。

type8 20%
典型的な外向的性格で、人を活気づけることができます。

type9 50%
平和を愛し、人と争うのが嫌いなため、周囲を穏やかにします。
######
・診断結果詳細
type4
<性向>
平凡さを避け、自分が他人とは違った「特別な存在」であると感じていますから、いきおい周囲から理解されにくいと思っています。その潜在意識には自分の成長の過程で親に見捨てられたというような、他人には理解できない苦しみや孤独感、すなわち自分だけが感じている悲劇によって自分を特別視するからです。喜怒哀楽、いずれにしろ感情が強烈になった時に生き甲斐を感じ、深く感動することを渇望してやまないのです。
<長所>
様々な際だった長所を持ち、魅力的です。独創的な上品さ優雅さを見せ、きわめて同情心に厚く、鋭い感性で他人の痛みをよく理解します。生来的に象徴的表現のセンスを持ち、周囲の人々に美しいもの、高尚な趣味、優雅で詩的なものを分かち与えるのです。このタイプの人は様々な分野の芸術家への道を歩みます。
<短所>
何となく優越感や、お高くとまっていると印象を与えがちで、「自分が特別である」と思っているため、相互に平等な親しい人間関係を結ぶのが困難です。悲劇的な気分に流され、しばしば人生に希望を失ってしまい、また、好んでそのように振る舞います。
<時間感覚>
時間は、主観的な感情の強度によってはかられます。感情的に何かに熱中している時、時間は飛ぶように過ぎ、そうでない時は単調に過ぎていく。時間の観念が薄いので、万事、時間は遅れがちだが、何か深い感動的な体験が予想される場合には、約束時間より早く来て待っていることもあるのです。
<まとめ>
敏感で直感カに優れていて、創造的です。また他人に対しても哀れみ深く、尊敬の念を忘れません。この強い創造力と自己を強く意識する個人主義を生かすことが職業選びで重要です。人を奮い立たせたり、人から引き出すことなど得意な才能を生かしましょう。

type5
<性向>
現実の鋭い観察者として、全てを受け入れ内面に貯えようとします。愚か者にならないことが肝要であり、現実を観察し、意味づけ、再構築するのです。大抵沈黙しているので、周囲はしばしば当惑しますが、かれらは人生の共同者であるより、むしろ傍観者なのです。判断が的確でなければ、自分は無知に等しいと感じ、正しい判断に到達するためには、あくまで自分ひとりで学び、追求していくしかないという考えにこだわっています。
<長所>
多くの魅力的な性格を持っています。聞き手として、鋭い理解力があります。責任を重んじ、他人が決断し行動するように力づけます。柔和さを失わず、他人の過ちに対しても、多くの場合、穏やかな調子で指摘するだけです。物事を知ること自体に興味はもっていますが、それだけに人生の意義深さを知っているのです。複雑な物事でも、分かりやすい言葉で簡単明瞭に表現し他人に伝えます。大切なのは、相手に全てを分かってもらうことだからです。
<短所>
自分の知っている事しかいおうとしません。遠慮がちで口数が少なく、積極的に人と関わるのを避け、会合などでは周囲を退屈させます。自分の時間や学んだ事柄を他人と分かち合うのを「惜しむ」のです。知識、情報をただ貯えるのに余念がないのです。パーティーでも周囲に何の挨拶もなく、そっと姿を消してしまう。退屈な時間は何の利益にもならないと思っているからです。
<時間感覚>
常に時間が「経過」するのを見つめ、一つの事に長時間を費やすのを好みません。限られた時間内に理解し、観察する ことがあまりにも多いからです。興味を持つ事柄が多く、そのため、何かを完璧に成し遂げるにはいつも時間が不足していると腹を立てるのです。
<まとめ>
並外れた理解カと洞察カを持ってあらゆることを観察することができます。その上、集中カがあり関心のあるものには没頭することができます。この分析力と洞察カを武器として職業を選びましょう。恵まれた分析カを生かす仕事に向いています。

type6
<性向>
人生において多くの要求を突きつけられ、グループ、組織から期待をかけられていると感じ、その結果、非常な気づかいと、不安、恐れをもって生活することになります。そして、制度、規則、規範が要求することに依存し、それに従って行動することに心を配るのです。そうでなければ何事も決定を下す自信がもてないのです。規則、権威者に依存することで安心し、その範囲内ではかなり自由に行動しますが、枠外のことになると「それは行き過ぎだ」「あまりにもやり過ぎだ」と頑なになります。ものごとが難しくなると、「人」より「規則」を優先させます。
<長所>
忠実で、熱い献身と仲間意識で、自分のグループに誠心誠意を尽くし、そのための犠牲をいといません。管理職、リーダーとしてよく勤まるのは、責任感が強く、グループに献身しているからです。そのためには適切明瞭なガイドライン が必要ですが、周囲は彼らの仕事に対する速度、正確さにしばしば驚かされます。
<短所>
事にあたっては、常に何か問題がおこるかと恐れ、不安に駆られ、身構え、用心しています。とにかく、何が何でも自ら決断することを避けようとします。石橋を叩いて渡る主義で、自分の才能の可能性についても自信がもちにくい。まじめで、 ユーモアに欠けると深刻な人間になりがちです。
<時間感覚>
時間は、この人たちにとって常にその意向を気にしていなければならない支配者、主人のようなものです。期限を重視し、それを厳守。時間は義務に忠実であるかどうか裁くものなのです。
<まとめ>
帰属した集団や組織の人々との関わりを大切にし、強い責任感を持って忠実に仕事をこなしていきます。人から好かれたり、信頼感あふれた人柄を生かす職業を選びましょう。チームの一員としてカを発揮するためどんな職業にも向いています。
######
官僚のような組織的かつ責任の伴う職業にも就きうるし、ニートのような自由人にもなりうるよってことか。今までの数々の診断と同じような結果ですね。
診断はこちらから。

投稿者 shamuru : 00:27 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月15日
 ■  やるきね

caiman americaに注文したエコノメの教科書が届く。
ぱらりぱらりめくる。全890P!
計量、統計は九月になってからがんばろうかな。

アマゾン中古から、「ロシアの軍需産業」届く。
今日から明日にかけて読んでしまおう。

音楽をずっと聴いていたら、いつのまにかムックが耳心地悪くなくなってた。
ムックの音楽自体は別に嫌いじゃないんだけど、ボーカルの声が受け付けなかった。
なんか妙に男臭くて(⇔たとえばメリーのボーカルは中性的と思う)。
つうかビジュアル系は声が男らしくちゃだめだろってゆうかんじ。
なんででしょうね。ずっとムックはボーカルが変わってくれたらいいなとか、ムックファンに殺されそうな事考えていたのに。
夏だし、男男したものを体が求めてたりしてるんでしょうかね。

投稿者 shamuru : 23:51 | コメント (0) | タグ: No tag
2006年8月14日
 ■  東京再帰還

 つうわけで現在、自宅@本駒込。帰り道、宇都宮駅で黒磯方面行きの電車内に見えた控えめ甘炉利系の女の子がすごい可愛かったです。後ろ姿しか見えなかったけど、天使のような美しさだった。最近、女子高生かわいいとか、可愛い女の子発見とかそんなことしか言ってないきがする。甲子園も趣味(野球観戦)と実益(JKやCGの観賞)をかねてるからこそ、かなりの試合を見ている訳で。込み家に行って盆を過ごした三年前の方が人間としては正常だったのかもね。傍から見たらただの欲求不満の変態さんじゃないか。昔から可愛いものが大好きな自分としてはこれが本質的行動であるとも言える訳だが。

投稿者 shamuru : 14:34 | コメント (2) | トラックバック | タグ: 現実の女の子とxxx
2006年8月13日
 ■  お盆

お盆回りしました。ぬこ三昧。



よわいじゅうさんのにゃあです おばあちゃんです


さいきんにゃあからうまれた(?)こぬこ(♂) 怖がりですぐ逃げちゃうから近寄れなかった


さいきんにゃあからうまれた(?)こぬこ(♀) 抱かれるの凄い嫌がってた。人が怖いみたい

くろこぬこをえさを食べている隙に激写。

ぬこがたくさんいて楽しかったお盆でした。

投稿者 shamuru : 22:24 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月12日
 ■  はとぽっぽ

060812.jpg
宇都宮の実家に鳩が迷い込みました。
カラーボックスに篭城中のところを妹が激写。
ぴーぴー雛のように鳴いていたそうです。
声優で喩えるなら金田朋子といったところか。

投稿者 shamuru : 11:46 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月11日
 ■  またまた帰省

 ぬこたちに会うために再度宇都宮に帰省します。今度のお土産は巣鴨の塩大福。喜福堂の日本一のあんぱんは売り切れで、塩大福発祥のみずのは臨時休業だったため、すがも園の開運塩大福を15個大量購入。仏前に供えるなら、和菓子がおあつらえ向きだろうという粋な計らいのつもり。
 あと、三菱重工業事務系一日インターンは9/8(金)に決定しました。遊んできます。

投稿者 shamuru : 16:49 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月10日
 ■  近況

 実は甲子園は4,5試合のぞいて全部観戦してるので、結構忙しかったりする。金曜には盆のために再び宇都宮に帰省するが、甲子園があるから今度は暇しないだろう。チア実況みながら観戦できるかは微妙だけど。
 あと、数日前から右乳首のしこりが再発。定期的になるんだけど、ホルモンバランスが崩れているんだろうか?うつぶせする時、体重の掛け方を考えなきゃいけないから面倒なんだよね。そんで、左肩甲骨にある(良性?)腫瘍の摘出手術をそろそろ受けるかもしれない。なんか僕はいつのまにか保険に入れられていて、来年の春までは手術代とか入院代とか無料になるっぽらしい。背中だから鏡でも使わないかぎり自分では見えないので、ずっと放置してましたが、この奇形が将来何か自分に取って不利に働かないとは言い切れないし、時間の余裕のあるこの夏のうちにどうにかしようと思います。何科にいけばいいのか、外科か整形外科だと思うけど。文京区で紹介状いらずな小規模病院ってどこだろう。

投稿者 shamuru : 12:30 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月 9日
 ■  高尾山でそばを食べる会

8/23(水)-25(金)のいずれかに、高尾山でそばを食べる会を実施いたします。
目的 高尾山を登るついでに高尾山名物とろろそばを食べてみる
日程
11:00 京王線新宿駅集合(現地集合でも可)
12:00 京王線高尾山口着
12:10 登山前に腹ごしらえ。1stそばを食べる
13:00 高尾山上り
14:30 高尾山山頂一周、茶屋で一休みもするかも
15:00 高尾山下り
16:30 登山後に腹ごしらえ。2ndそばを食べる
17:00 解散

登山コースはここを参照。
浅間山の予行演習みたいなものだろうか。とゆうか、某人を浅間山に勧誘するための企画です。

投稿者 shamuru : 16:07 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月 8日
 ■  夏休みっぽい

午前、文星芸大付属の試合をテレビで見る。
午後、観光もかねて四ヶ月ぶりに駒場来訪。図書館で防衛系の本を何冊か借り、新しくできた国際云々棟に入ってみる。購買部がすごい快適空間。あれなら学期中の昼休みでもなんとかなるんじゃないだろうか。書籍部、無駄に広くて快適空間。とある本を衝動買い。
夕方、御殿下のシャワー棟が復活したので、土曜日振りに湯浴み。ちょうさっぱりする。その後、プレミアムモルツを一杯ひっかける。
夜、ミクロ事例通信班の飲み会。担当教官の話が面白いのに驚く。寒くて下痢になってしまったものの、概してすばらしい飲み会。今回体調不良で欠席した実務の先生を交えて、また飲み会が行われる事が決定。非常に楽しみ。
そんな実に学生の夏休みっぽい一日でした。

投稿者 shamuru : 22:07 | コメント (3) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  浅間登山旅行<案>

1 強硬日程0泊2日コース
23:54 新宿駅発(ムーンライト信州)
→03:09 小淵沢駅着
06:11 小淵沢発(小海線)
→08:28 小諸駅着
08:55 小諸駅発(高峰高原行きバス)
→09:40 高峰高原着
10:00 登山開始(車坂峠→黒紋山→蛇骨岳→賽の河原→湯ノ平口→浅間山荘)
→15:30 登山終了
16:00 天狗温泉浅間山荘発(小諸駅行きバス)
→16:30 小諸駅着
17:00 国民年金保養センターこもろ(温泉)
18:01 小諸駅発(小海線)
→20:14 小淵沢駅着
20:52 小淵沢駅発(中央本線)
→23:01 高尾駅着
23:24 高尾駅発(中央快速)
→24:21 新宿駅着
※帰りは、17:45小諸駅発22:56新宿駅着コースあり(JR鉄道外料金920円)

必要経費、交通費6,000円前後。食事そのた3,000円程度?

2 ゆったり1泊2日コース
初日は18切符を使い、昼過ぎに小諸駅に到着。小諸あたりを観光?宿泊地は登山口である高峰高原付近だと10,000。小諸駅周辺なら5,000。小諸駅周辺に宿泊なら、二日目は0泊コースと同じ日程。高峰高原付近に宿泊なら、出発をはやめられるので、余裕の有る登山ができそう。
必要経費、交通費8,000円前後。食事宿泊その他10,000〜20,000円程度。

投稿者 shamuru : 14:11 | コメント (3) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  【甲子園】文星芸付v.s.関西【大会三日目】

佐藤が二巡目からホームラン二本とうたれ始めて、もう終わったと思ったところからの奇跡の逆転勝ち。試合としてはかなり面白い展開で楽しめました。が、NHKは全く文星っ娘チアとかJKを映さないのはなぜなんだぜ?関西系列のABCではJKは結構映してたみたいだけれど。将来の嫁候補を物色するつもりだったのに。へそだし文星っ娘チアもっと見たかったよ。NHKはtvkとかMXを見習うべし。甲子園は男だけのものじゃないんで。

投稿者 shamuru : 11:14 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月 7日
 ■  部内系サークル活動報告

1 思想研究会
活動内容 芸術作品を通じて思索を深める
会員数 4名
活動実績 映画「Passion」の鑑賞
現状 活動休止中。今年度を以て解散が決定

2 ひやなき観賞の会
活動内容 花火を見ながら酒を酌み交わす
会員数 4名
活動実績 2005年足立花火大会参加。2006年隅田川花火大会参加
現状 2007年も都内の花火大会に参加を検討中

3 私行研鑽会
活動内容 自然の中を忍び歩き、健やかな心身を育む
会員数 1名
活動実績 2006年8月、日光戦場ヶ原を散策
現状 2006年8,9月に群馬長野への登山旅行を企画中。2007年には卒業旅行をかねて、富士登頂が決定

登山は浅間山orその付近の山々あたりがいいかなぁ。登山経験者がいたら、アドバイス求む。

投稿者 shamuru : 06:59 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月 6日
 ■  ぬこもだれている


母方の実家で飼っているにゃあに子供が生まれたってメールが来た。
こぬこたん、(;´Д`)ハァハァ
来週のお盆に帰省したときにはたくさんぬこ写真激写しまくる。

投稿者 shamuru : 14:52 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月 5日
 ■  東京帰還

 特にやる事もなくなったので、東京に戻ってきました。宮まつりは、快速ラビットまでの空いた時間、20分ほど見ました。何の目的もなく、一人でまつり見てても何も面白くもないですからね。

投稿者 shamuru : 23:22 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月 4日
 ■  甲子園前々夜

 栃木県の代表は宇都宮学園(現文星芸大付属高校)ですが、今日はとちぎテレビで甲子園出場壮行特番が放送されました。
 番組内で、姉妹校の文星女子高校のチアとか吹奏楽部とか音楽部とかのおにゃのこにもインタビューしてたりして、みんなすごいかわいかった。8/8の大会三日目(v.s.岡山関西高校)にはきっと彼女たちが全国デビューするはず。ひまな人は見てください。文星女子の彼女ほしい。

投稿者 shamuru : 22:59 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  暑いです

 実家にはクーラーはおろか、扇風機すらありません。だるくて勉強(といっても読書程度ですが)する気も起きない。今日は一日だらだらと過ごしました。明日は宮まつりだけど、外出する気力があるだろうか?

投稿者 shamuru : 19:21 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月 3日
 ■  日光孤独旅行<後編>

 ハイキングが予想外のスピードで終了。スケジュールを前倒して、中禅寺湖遊覧船を15:50菖蒲が浜出発ではなく、14:50菖蒲が浜出発に変更。急いで船着場に向かう。が、ここで悲劇が!

14:50 菖蒲が浜船着場にぎりぎり到着。急いで遊覧船に乗り込もうとしたら、目の前に大量の人だかりが!なんと小学生の遠足の群れに巻き込まれてしまいました。いぶかしながらも、急いでいたのでとりあえず乗り込んでみると、周りはみんな小学生。小学校中学年くらいのロリっ娘とかやんちゃ坊主ばかり。一般人はいないのかと見渡してみると、大人はみんな先生っぽい。どうやら小学校の遠足のための貸切遊覧船のようだ!つうか、遊覧船の係りの人、明らかに部外者な俺をこんな空間に入れくれるな!そうゆうわけですごい居心地の悪さを感じながら、ずっとたそがれてました。

こんな写真を撮ってみたけど、僕の心もこのくらいどんよりです。中禅寺湖は目でみるとエメラルドグリーンのきれいな湖なんだけど、写真写りは悪いですね。なんか、この遊覧船で一気に疲れが噴き出てきました。
15:30 立木観音船着場で下船。小学生たちの帰りのバスがここに停車しているかららしい。本当は中禅寺船着場までいくつもりだったのに。ここでわかったのは、どうやら一般人用の遊覧船は小学生の貸切船より先に別に出航していたらしい。僕の乗ってる遊覧船が立木観音船着場に到着したのと同時に、一般人用の遊覧船が中禅寺船着場に向かって出航していました。
16:40 精神的にもどんよりな中、約30分かけて華厳の滝に向かう。中禅寺船着場からなら10分かからないのに!途中、中禅寺温泉「湖畔の湯」発見。しかし、ここで替えのシャツを持ってきていないことに気づく。暑い中、長い時間歩いていたので、当然Tシャツは汗臭い。正直、せっかく温泉に入ってまたこのシャツを着るのは許せない。とゆうわけで、しぶしぶ温泉は諦める。
17:00 「華厳の滝」到着。栃木最高峰の滝を見よ!

これが、有名な自殺の滝です。何百、何千人の命がここに眠っています。

展望場から華厳の滝に背を向けると、こんな崖が見えました。
17:15 またおやつ。「湯葉コロッケ(\250)」と温泉饅頭(\80*2)をいただく。もう疲れたから帰ろうかな。
17:20 バスに乗り、日光駅へ。やはり疲れていた模様。車中はほぼ寝て過ごした。
18:10 日光駅到着。時刻表を見ると、ちょうど宇都宮駅の列車がある。おやつもたべてあんまりおなかすいてないし、もう帰ろう。
18:50 宇都宮駅着。駅西口のミスドでドーナツを五つ食べる。結局夕飯はこれか。そんなこんなで帰宅。帰宅一番、速攻で風呂へ。いやー、家に帰るとお風呂に入れるって本当にすばらしいですね。ぱちぱち。

投稿者 shamuru : 22:25 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  日光孤独旅行<中編>

 時間が押していたため、日光植物園は2/3ほど回ったところで脱出。湯ノ湖に向かって、午後はハイキングです。

12:40 湯ノ滝到着。おなかがすいたので、湯ノ滝そばの食事処でもりうどん(\500)を食べる。日光まいたけ天ぷら食べたかったけど、高かった(\500)ので断念。おなかもそこそこ膨れたところで、湯ノ滝→戦場ヶ原→竜頭の滝のハイキングへ。

スタート地点、「湯ノ滝」の上の部分。滝はいいね。かっこいい。

こっちは「湯ノ滝」の下の部分。圧倒させられます。

「湯ノ滝」から流れてる川です。これに沿って30分くらい歩きました。
流れは凄い穏やかで、当然水はきれいです。

「戦場ヶ原」に入りました。
昔々ここで神様たちがけんかをしたそうです。こわいですねぇ。

紫っぽいのは「ホザキシモツケ」とゆうバラ科の植物の花です。
大平原の戦場ヶ原一面に咲く姿は圧巻です。

だだっぴろい戦場ヶ原。広大だ。

野生のしかたんにエンカウント。実はこれは2度目。
1度目は写真を撮ろうとしているうちに原っぱに逃げられてしまいました。
しかたんは臆病なので、うまく接近できません。
なんとか2回目はフレームに収めたものの、ピンぼけでなぞの物体にしかみえません。

野生のしかたんキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━ !!
ちょう至近距離。1mないくらい。3匹目にしてベストショット。

戦場ヶ原を抜けて、川の流れが激しくなってきました。ついに滝が!

「竜頭の滝」クル━━━━(゚∀゚)━━━━ !!

上の「竜頭の滝」の右のほうです。水量高さはそこそこですが、存在感はあります。

14:30 竜頭の滝のそばの食事処でみたらしだんご(\400)をいただきました。3時のおやつ。おだんご注文したら、お二人様ですか?ときかれました。やっぱ、一人は目辛しいんだろうな。

 と、ここでハイキングコース終了。急いだつもりはまったくなかったのですが、、、予定より1時間速く歩き終えてしまっていました。後編に続く。

投稿者 shamuru : 21:38 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
 ■  日光孤独旅行<前編>

 とゆうわけで、本当に行ってきました。写真を一杯撮ったので、それに沿ってお話を進めましょうか。といっても、別にもの目辛しいことなんて何も起こりませんでしたけど。

07:40 宇都宮駅行きのバスに乗る。猿山団地で乗車した赤ぶちめがねっ娘セーラー服女子高生がすごいかわいい。
08:25 バスが朝の渋滞に巻き込まれたため、08:24日光駅行きの列車に乗り遅れる。いきなりタイムロス。
09:10 日光駅行きの列車が出発。急に眠くなる。気づいたら日光駅。
10:05 東部バス日光フリーパス(二日間有効\3,000)を購入し、いざ日光植物園へ。
10:20 日光植物園到着。湯の湖温泉行きバスは11:15分。1時間弱の散策。

「ヤマトリカブト」らしい。毒もちなんだろうか?

やたらとんぼがたくさんいました。踏みつけてしまいそうです。

モンシロチョウが花の蜜を吸っています。
季節的にあんまり花が咲いていなかったのが残念です。

ぬけがらかっこいい。

もちろん、けむしたんも元気です!

これは、アブ?花の蜜は大人気です。僕も溢れ出る蜜をすってみたい。

ゆりゆりゆりゆり。はぁはぁ。ハァハァ。ゆりいいなぁ。

ハチさんがいまにも花の蜜を吸おうとしています。

マタタビ発見にゃ~!

日光植物園に流れる大谷川です。小学生の頃までは、この川から流れてきた水を飲んでいたんです。

とんぼさんも花の蜜に吸い寄せられちゃったみたいだね。

 写真を撮り過ぎたせいか、携帯の電池残量がここで1/3に。充電をしっかりしてこなかったことを後悔。中編に続く。

投稿者 shamuru : 21:11 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag
2006年8月 1日
 ■  寄生虫

 四時くらいに曙荘を発ちました。数日分の衣装、ノートパソコン、数冊の本、大学の卒業アルバム(所有権のある親に届けるため)をバックに詰めたらものすごく重くなりました。肩に米袋担ぐ感じです。
 おみやげは、この前一酸化中毒事件で一躍有名になった(?)French Pound Houseで購入。ショートケーキが500円する高級店です。イチゴのケーキ4号をホールでひとつ買いました。2,600円くらいです。レジで会計を済ませると、おにゃのこ店員さんにケーキは出口でお受け取りくださいとかいわれたました。?と思いながらも出口にむかうと、すごいかわいい制服に身を包んだおにゃのこ店員さんが「ありがとうございました」といって、ケーキを渡してくれました。なんかすげーかわいいとおもった。
 山の手線、東北本線のりついで、宇都宮につきました。
 とりあえず、宇都宮の女子高生もかわいい。特にチェックのスカートに首もとにリボンつけてる高校の制服がいい。あれ、どこ高だろ?宇都宮にいた頃は、女子の制服なんて殆ど気にしたことなかったからよくわからん。そんなわけで今日から数日宇都宮で過ごします。

投稿者 shamuru : 21:01 | コメント (0) | トラックバック | タグ: No tag